« 隈研吾 | トップページ | ばかやろう »

2007年4月11日 (水)

実用主義 (Pragmatism)

道具主義、実際主義とも訳されることのある考え方。
経験不可能な事柄の真理を考えることはできないという点でイギリス経験論を引き継ぐ。
物事の真理を実際の経験の結果により判断し、効果のあるものは真理であるとする。

特に(皮肉を込め「形而上学クラブ」と名付けられた学生グループのメンバー)
ニコラス・セイント・ジョン・グリーンがアレグザンダー・ベインズから引用した定義

「信念とは、ある人がそれにのっとって行動する用意のある考えである」

は、哲学の議論から無用な意見を整理する実用主義の基準となった。

…出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

|

« 隈研吾 | トップページ | ばかやろう »

もう知識はいらない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195124/6059226

この記事へのトラックバック一覧です: 実用主義 (Pragmatism) :

« 隈研吾 | トップページ | ばかやろう »