« ハードディスクマン | トップページ | iMacのインフォームド・コンセント »

2007年7月30日 (月)

アラヤ識

NHK「爆笑問題のニッポンの教養」の「哲学」の回を観た。

哲学とは思考の修正を繰り返すこと。立ち止まる力だそうだ。

自分の周りの「世界」は言語化することで形成される。
「心」とはそれ以外の言語化・記号化できないもの全て。
言葉にすれば世界となり、それは他者と共有しうる共通知となる。
一方、言語化・記号化できない感覚にも
他者と共有しうるものがある。

なるほど。そうだ。

学生時代の哲学の授業で
「アラヤ識」というのが出てきたのを憶えてる。

アラヤはサンスクリット語で"蔵"の意。
(ヒマラヤは雪を意味する「ヒマ」と
「アラヤ」が結び付いた名前で“雪の蔵”という意味だそう。)

アラヤ識(阿頼耶識)は、
生命が経験した総ての事[身口意(しんくい)]を記録し蓄えている。
人類が誕生(数百万年前)したずっと以前、
生命が誕生した38億年前からの全記録、アーカイブ。
生物の本能や生まれもった性格、素質も含まれる。

引用:「無生庵/八つの識」

 地球誕生  4,600,000,000(46億)年前
 生命誕生  3,800,000,000(38億)年前 
 人類誕生    8,000,000(800万〜500万)年前

その「アラヤ識」は他者と他者との間、
見ず知らずの他人同士でも繋がっているというのだ。

DNAの遺伝子情報もその一部か。
※DNAは30億文字分の情報を記録する2mの紐(細さ2ナノm)。
「アラヤ識」は2000年前の仏教深層心理学である「唯識」の概念。
参考:「無生庵/唯識の世界 」

欧米の深層心理学はフロイト(1856年生まれ)から始まる。
彼が著書『精神分析』で、人間の心の中に意識とは別に
無意識という世界があると提唱したのは1896年(明治27年)。

仏教の深層心理学である『唯識』が理論的に確立されたのは、フロイトを遡ること1600年前。
また、2500年前の釈迦は『無明(むみょう)』と言う言葉で、
人間には意識以外に無意識と言う世界があることを示していた。
釈迦は優れた心理学者でもあった。
引用:「無生庵/唯識(ゆいしき)の履歴書」

2000年前、アジアの心の学問が「心」と「共通無意識」について
暫定的な答えを提示していたことへのインクレディブル…。

|

« ハードディスクマン | トップページ | iMacのインフォームド・コンセント »

「いいことばぼくにちょうだい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195124/7326249

この記事へのトラックバック一覧です: アラヤ識:

« ハードディスクマン | トップページ | iMacのインフォームド・コンセント »