« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の17件の記事

2008年10月27日 (月)

別れの磯千鳥

別れの磯千鳥 近江俊郎(1952年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月がとっても青いから

月がとっても青いから 菅原都々子(1955年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美を追っかけるもの 美が追っかけるもの

NHKで河井寛次郎記念館が紹介されていた。

薬の河井と呼ばれた
若き日の河井寛次郎は
柳宗悦に先人の模倣に過ぎないと評される。

 美を追っかけるもの
 美が追っかけるもの

の違いに気づく。

終戦をむかえた翌日から
これからが創作の時と意気込んだ。
晩年の河井寛次郎は自由奔放な造形と色彩で
用の美をも超えた。
趣味で自らデザインした真鍮製のキセルを
金細工職人に数多く特注した。

この世に存在しないかもしれない
真のオリジナリティーなんて
やりつづけた人だけが得とくするんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

vanity 虚栄心

NHK「私のこだわり人物伝」で
町田康が中原中也の生涯を紹介していた。

同棲していた長谷川泰子は友人の小林秀雄のもとへ。
荷作りを手伝い、小林秀雄の家まで付き添うような
中原中也だったが、自分を「口惜しき人」と呼ぶ中原は、
自我を喪失するほど失望する。

町田康は中原のポートレートから
ーvanity 虚栄心ー を感じると言った。

中原中也の詩は鼻につく。
気障っぽくて、ロマンチックで、自己憐憫で。
表現者とはそういうものかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nirvana - Something In The Way (Unplugged)

ニルバーナは権威だ。くだらないとは言いにくい。
ただのバンドなのにね。音楽の豊かさとは。
キリンジの歌の歌詞にあった
「〜奴の孤独の深さには誰も近づけない〜」
孤独と哀しみと深刻さの大王だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Roxanne - The Police

ラジオでロクサーヌのボサノバ版みたいなのが流れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

The Verve - Man Called Sun

1992年当時UKのインディーズのコンピに入っていた。
後にビタースィートシンフォニーが売れた時、
男性ボーカルなので、同名の違うバンドと思っていた。
ヴァーブはこの一曲でいい。

Everybody seems to know when he's around
He lifts me up and fades without a sound
Mr. Sun won't you shine?

Why he's here I will never know
He makes you know you feel. Like somewhere to go

Mr. Sun won't you shine? Mr. Sun just you shine

Walking with a man called Sun
I think my journey's just begun
Do you think he'll mind?

He lifts you up he shines. And then he's gone
But you know you need him. More when he's gone

Mr. Sun just shine

Walking with a man called Sun. I think my journey's just begun
Do you think he'll mind?

Shine. Let it shine.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンゾウ

肝炎に有効なもの。

栄養剤
フラボノイド、カテキン(お茶)、
アルファリポ酸、ホスファチジルコリン、セレン、
ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE

ハーブ(薬草)
小柴胡湯、冬虫夏草、ミルクティスル、フィランサス

椎茸


慢性疲労症候群に有効なもの。

有酸素運動、Lーカルニチン、ビタミンB3、ビタミンB12、
カリウム・マグネシウム・アスパラギン酸塩、DHEA、
甘草の根、朝鮮人参、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低インシュリン

ラジオで聴いた
低インシュリンダイエットの話し。

食べる量はそのままで、食べる順番を変えるだけ。
空腹時にいきなりごはん・麺類など(糖質…炭水化物)や
肉・豆類など(たんぱく質)を採らず、
サラダ(繊維質:消化されない)や
ヨーグルトなど乳製品(胃に膜を作る)を食べる。

インシュリンは血中で、糖をエネルギーとして消費させ、
残った糖を脂肪細胞に運んで蓄えさせる。
この働きを阻害するのだ。

炭水化物の摂取量自体を減らすとカロリー量が減る。
すると筋肉が減って基礎代謝まで低下してしまうので、
食べる量は減らさない。

でも適度な運動は不可欠だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一昨々日(さきおととい)

KKと八丁道を歩いた。
往復約1.5km。
帰りがけに寄った第三公園。
自転車の運転コースなのか、
ミニサイズの道路や標識が園内にある。
夜中に大の大人がブランコに興じる。
これでネズミの国に行かなくてすむ。
暫くして小雨が降り出した。

一昨日(おととい)はKKとジョギング。
超のろのろだが、1500m結構いけるなあ。
もう長袖じゃないと寒い。もう冬が近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビングハウスの忘却曲線

20分後、 40%忘却。
1時間後、50%忘却。
1日後、 70%忘却。
1週間後、75%忘却。
1ヶ月後、80%忘却。

出典: ウィキペディア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

スティーブ・ミラー

スティーブ・ミラーはいけている気がする今日この頃。

●Steve Miller Band - Take the money and run

●Steve Miller - The Joker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

dan le sac vs Scroobius Pip - Thou Shalt Always Kill

【日本語字幕】dan le sac vs Scroobius Pip - Thou Shalt Always Kill

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒトは歩く生き物

NHK「病の起源」〜腰痛〜を観て

タンザニアの狩猟民族は一日に28キロ歩く。
彼らは腰痛知らず。
適度なウォーキングは椎間板を刺激し
コラーゲンなどが分泌?されることで
椎間板は新鮮に保たれる。

72kgの男性が前屈みになった時、
椎間板に加わる圧力はなんと280kg。
人間の強力な背筋によるもの。

慢性の腰痛は心理的原因の可能性が大きい。
直接的な腰への負担による痛みとは別に
脳の前頭葉がストレスなどで少しの腰の痛みを
増大させ持続的に感じさせ続けるそうだ。

ウォーキングは心身両面から
腰痛に効果をもたらす。
ヒトは歩いているのが最も自然なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

Billy Preston - Nothing from nothing

後期ビートルズのレコーディングにも
多数参加したビリープレストン
ごキゲンだぜ!
ぼくが生まれたぐらい1975年の曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生は3万日しかないのだから

しょこたんの友達の名言だそうだ。
365日×80年=29200日。
365日×34年=12350日。
…もうだいぶ来てるやん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッジマン

怒りだけを推進力に
仮想敵を設定し
なにくその負けん気だけで

憎むべきは自分自身の
ダメサイド 怠惰、諦め、恐れ.etc

自分との闘い にも審判はいる
ちゃんと見ていてくれる
あるいは見られていると
思わないとやってられない時もある

クオリティーオブライフ
我が人生はどうあるべきか
人生の目的などないから
こちらも仮想するしかない

●Randy Newman God's song(That's why I love mankind)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »