« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の18件の記事

2008年11月30日 (日)

Grizzly Bear - Knife

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「すべておまんまのためよ」ねずみ男

「なんてこう世の中ってイカサマが多いんだろう」子供の忍者
「すべておまんまのためよ」ねずみ男

『けんかはよせ腹がへるぞ -水木しげる 妖怪名言集-』より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスモデルを生み出す事だ

今日は昼にYKさんとK文で蕎麦を食べた。

先日、出張帰りのぼろぼろの体で万葉マラソン5Kmに出場したそうな。
今日も、昨日青山レキシントンの搬出が終わり、
夜11時に東京をでて、(途中仮眠)高岡に着いたのが朝5時、
それから娘さんの学習発表会を見に朝8時半に砺波の保育園へ。

最近声が出にくいそうな。風邪気味というのもあり確かに声量がない。
「もう俺だめかもしれん。死ぬんやないけ。ははは。」
ねえ、YKさん。…タバコやめようよ。

ぶっかけを注文し、からみ大根の辛さでYKさんの風邪も吹っ飛んだ。
体が中から暖まる。
うまい蕎麦は体に染みる。目が覚める。
朝風呂は最高やけど、個人的に朝蕎麦も推奨したい。

ビジネスモデルを生み出す事だ。
いや、別の話し。
One Product One Tree じゃないけど、
金儲けのためのものづくりじゃない、
何か、社会的な価値を提示できるか。
何かオリジナルな。システム。
技術継承、後継者育成を
キャッチーに伝えることばが足りない。
電通じゃない。真摯な広告戦略。一人ブレスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杞人憂天 李下瓜田

杞人憂天 -きじんゆうてん-

昔、中国の杞の国に、天が崩れて落ちてきたらどうしようと心配し、夜も眠れず、食事ものどを通らなかったという人がいた。取越し苦労。

李下瓜田 -りかかでん-

瓜畑にかがんで履物を直すと、 瓜を盗んでいると疑われ、すももの木の下で冠を直すと、すももを盗んでいると疑われる。
人の疑いを招きやすい紛らわしいことをするなという教え。

捲土重来 -けんどちょうらい-

土煙が巻き上がり、再びやってくること。一度、衰えたものが、猛然と攻め返してくること。

羊頭狗肉 -ようとうくにく-

昔、看板に”羊の頭”と掲げておきながら、犬の肉を食べさせる店があった。見かけだけを立派にすること。

竜頭蛇尾 -りゅうとうだび-

初めは勢いがよいが、尻すぼみに振るわなくなること。

画竜点睛 -がりょうてんせい-

一見小さなことでも、それを加える事で物事を完璧に仕上げること。

NHK カンゴロンゴ より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

「人間到る処青山あり」【漢詩】

「人間到る処青山あり」【漢詩】

人の世のなか、どこにでも、骨を埋めるにふさわしい『青い山』があるのだから の意。
出典は江戸時代の僧、月性(げっしょう 1817年~1858年)が若いときに書いた漢詩。

「上屋抽梯(二階に上げて梯(はしご)を外す)」【兵法三十六計】

「貧すれば鈍す」【俗諺】

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」

人間界の五十年は、天界の時間でいえば一瞬の夢幻にすぎない の意。
織田信長が好んでうたった。

「大切なものは、目に見えない」【Le Petit Prince (星の王子さま)】

内藤濯訳。

NHK カンゴロンゴ より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考の整理学 外山滋比古(1986)より

グライダー

人間には、グライダー能力と飛行機能力がある。受動的に知識を得るのが前者、自分でものごとを発明、発見するのが後者である。(中略)
 学校はグライダー人間をつくるには適しているが、飛行機人間を育てる努力はほんのすこししかしていない。

不幸な逆説

秘技は秘す。いくら愛弟子にでもかくそうとする。…学ぼうとしているものに、惜気なく教えるのが決して賢明でないことを知っていたのである。免許皆伝は、ごく少数のかぎられた人にしかなされない。

醱酵

大きな発見が、ときに、霊感によってなしとげられるように伝えられるのも、この酵素が思いもかけないところから得られたのを第三者が驚異をもってながめるときの印象であろう。(中略)
 頭の中の醸造所で、時間をかける。あまり騒ぎ立ててはいけない。しばらく忘れるのである。“見つめるナベは煮えない”。

カクテル

アメリカの女流作家、ウィラ・キャザーが、「ひとりでは多すぎる。ひとりでは、すべてを奪ってしまう」(中略)
 着想、思考についても…「ひとつだけでは、多すぎる。ひとつでは、すべてを奪ってしまう」。
…やがて網がしぼられ、ライフワークのような収穫期をむかえることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シードライブズマイトレイン

11月25日KKとの結納から一年がたった。
小さいスパークリングワインなんか
買って帰ったりなんかしたりして。

結納といっても大した事は何もしてなくて、
記念品にモンデーンの腕時計の交換と
わしが欲しかったアルテミデのトレメオ(スタンドライト)と
ティファニーの金色のペンダントを交換。
水引屋さんに行ってラッピングしてもらったなあ。
『賢者の贈り物』のようにつつまし!うつくし!

その後、家族同士で柿里で食事。
136が飲み過ぎてやばくなって。
家帰ってSEとわしが「失礼やろ」ゆうてキレたら、
136しゅんとなって黙ってもうてソファーでふてくされて…。

あれから早一年。
その間KKが運転する列車に乗ってきた。
で、これからもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

She Drives My Train ー Rescue

レスキュー(以下)はもうどこでも聴けないんでしょうか。

疾走ギターポップの名曲「Yeah!」収録! International Rescueから改名してリリースした唯一のアルバム。 シンプルでとびきりキャッチーなメロディークラブヒットした「Yeah!」、 Lightning Sheedsみたいにキラキラした「The Reasons Why」、 女性コーラス入りのモッドテイスト「She Drives My Train」などを収録。
出典:SIESTA RECORD(大阪)HP
International Rescue (Rescue) (1990-92) -Members- Dave Simons--Vo, G Mark Lions--G Roger Wells--B Wez--Ds (-91) Lindsay--Ds (91-)

アノラックな人達が、80年代の終焉とともに寂しくなっていたのを一瞬助けた「遅れてきたギタージャンボリー」。特に「フリッパーズ・バブル」真っ盛りだった日本で寵愛を受けていました。小規模だけど。

-Original Album-
'91 Life's A Bonus As Rescue (日本盤CD発売)

-Single-
'90 Yeah!
'90 So Way Down
'91 She Drives My Train As Rescue
'92 Watch Me When I Fall As Rescue

-Other-
'92 She Drives My Train As Rescue --Single Compilation (Japan Release Only)

AFTER THE BAND?
Wez '93年、バンド化したCarter USMに加入。
Mark Lyons Chuckというバンドへ加入。
Roger Wells Airheadへ加入。
<情報提供:歌丸さん>

出典:WASTE OF POPS 80s-90s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

Humble Pie (Steve Marriott) - Black Coffee [1973]

「顔」の次は「小顔」にいたスティーブマリオット。
高校時代、オグデンツ・ナット・ゴーン・フレークは
幻のコンセプトアルバムとかいうふれこみでよく聴いたもんだ。
ハンブルパイには確かPeter Framptonもいた。

今、新しいスズキ ラパンのCMで
「シャ・ラ・ラ・ラ・リー」が使用されているが。
なんなんやこの変貌ぶりは…。

『Listen Without プレジャディス(偏見なしで聴いてくれ)』
という直球な名前のアルバムを出したジョージ・マイケルじゃないけど、向こうの元アイドルはドスが利いとるわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Faces

Stay With Me (Live)
ちょっとゆっくりやけどね。
これよこれこれ。

Pool Hall Richard
これはいわゆる口パクというかレコードをバックに。
でしょう。山内テツ?おるねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

オブラート

脳は95%しか活用していないそうな。
そんな、たったの5%しか
活用していない脳で考えたことを、
人に伝えたいと思うなら、
オブラートに包んでる暇はない。
そもそも全力で(鬼の形相で)
相手に伝えようとしても、
何%つたわっているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

生きている

教育番組の国際賞「日本賞」でグランプリをとった
NHK「ようこそ先輩」より…

盲聾者福島智
母校の神戸市立舞子小学校で授業をした。
盲ろう者とはヘレンケラーと同じく見えないし、聞こえない。

母の令子さんが考案した指点字を使い
会話、コミュニケーションをはかる。
同時通訳も可能な優れた技術だ。
通訳者は会話だけじゃなく、
周囲の状況も伝える。
「窓からチョウチョが入ってきた」など。

福島氏は子どもの頃のある日、
完全に視力と聴力を失った。
その日の点字日記を子どもたちに披露した。
授業では、ある日完全に視力と聴力を
失ったと想像して日記を書かせる。

「何が一番つらいかわかりますか?」
福島氏は点字のトランプを見せてみせた。
「これ点字やから分かるんですよ。
でも全然おもろないねん。
相手の反応がわからなおもろないんですよ。
アホかいな、とか、なんでそこ止めんねんとか
言いながらやるからおもろいんですよ。」

見えないし、聞こえない状態は宇宙空間に
たった一人だけという感覚と同じとも言った。
なんども死のうと考えたとも。
人とコミュニケーションをはかりながら
生きている事を感じている。
我々にはそれは無意識になっている。
人と接しながら擦れ合うことが生きるということ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

トポロジー ポアンカレ予想

位相幾何学(いそうきかがく、topology)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

距離の概念を抽象化した 位相

Mug_and_torus_morph

コーヒーカップを引っ張ったり縮めたりして連続的に変形させていくと、ドーナツの形へ移し変えができる。こうした連続的な変形はホモトピーと呼ばれる。
位相幾何学的には、ホモトピーによって移り変わる二つの図形
(コーヒーカップとドーナツ)は、区別されない。
オイラーの多面体公式が始まり。
コップとドーナツの例では、どちらも一つのつながった図形
(連結性)であり、また穴が一つだけ空いている。
このような性質は位相不変量と呼ばれる。

視点を逆にして、同じ位相不変量をもつ図形が互いに連続的に移りあうか、という問題の一つがポアンカレ予想
「単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である」
という予想で、1904年にフランスの数学者
アンリ・ポアンカレによって提出される。

ポアンカレは宇宙に発射したロケットにロープを結わえ付け、
地球に戻ってきてから、ロープを手繰り寄せたとき、
投げ輪のように丸い形で回収できたら、
おおむね宇宙は丸い形だろうと予想でき、
何かに引っ掛かって回収できなければ、
宇宙はドーナツのように穴があいたかたち
かもしれないと予想できるとした。

100年後、2002〜3年に掛けてロシア人数学者
グリゴリー・ペレルマンはこれを証明
2006年のフィールズ賞を受賞したが本人は辞退した。

殆どの数学者がトポロジーを使って
ポアンカレ予想を解こうとしたのに対し、
ペレルマンは微分幾何学と熱量・エントロピーなどの
物理学の手法を使って解いてみせた。

NHKスペシャル 2007年10月22日放送分
100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~』より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳内逃避行からハードボイルドな日々へ

昨日は会議の後、庵で懇親会
ここしばらく、
搬入、搬出、撤去、設営、予算、ほかの会議、出張
脳内逃避行でやり過ごしてきた事象も仕切り直し。
やむなしか。プロのタフな世界ではやはり
忙しいは言い訳にしかならないのに。

みんなのモチベーション?
自分のシフトチェンジすら出来てなかった。
プロデューサー失格。
今日からものづくりの日々。
一刻の猶予も許されないハードボイルドな日々。
用心深く。手塩にかけたプロジェクトとは。

今日はATさんとTAさんとK文で早めの昼食をとる予定。
なんとGマークで賞を受賞した。
ATさんはお連れしたいと以前から思っていたので、
いいタイミング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ダムダム団 - スプリンクラー

先日石Gで録ったスプリンクラーのデモ
(アンプラグド?)から作ってみました。
2007年11月のライブショットとともに。
Photo: Eriko Matsuda×Ayumi Nagano
Contents Edition: DUM Manager
All copyrights: The DUMDUMs 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yer blues

なんじゃこりゃ。キースはベース弾いとるし。
ワナダイ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きぼうのいえ

NHKのドキュメンタリーより

日雇い労働者のまち三谷の
NPO法人「きぼうのいえ」

癌を煩い余命数ヶ月のおっちゃんが入所してきた。
面接で「こんなきれいな所に住まわせてもろて
いいんかな。ほんと。」と人なつこく笑う。

60才近くまで日雇い労働を続けていた彼の癌は
手の施しようがないほど進行していた。

数ヶ月後、容態が悪化して
しゃべる事も出来なくなった。
あと1、2日の命と診断される。
施設長の奥さんやスタッフが最期を看取る。

 もうすぐに天国に行くよ。

 わたし中村さんに会えてよかったよ。

 楽しかったね。

そしておっちゃんは息をひきとった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天地人 だから本を読め!

中学校の校長が朝礼の時必ず言ったことば。
天の時。地の利。人の和。

テレビでやっていた、
癌で亡くなったアメリカの大学教授の最後の授業。

 夢を叶えたければ人の力になる事だ。
 夢を叶えるには一人ではできないから。

論語でも「天地人」というのが基本理念らしい。
天と地の間に人間はいて、生かされている、と。

ビートルズのThe Endにもある。
結局のところ、あなたが得る愛は、
あなたが生み出した愛とイコールだ、と。
エネルギーの法則、と。

このような考えや処世術は、
人間が自然状態ではいかに欲どしい生き物かを物語ってる。
見返りを期待しない、掛け値なしの博愛なんてほぼないやろ。
だからこそ信念、理念が必要なんやろう。

ただ、それらを日常生活から会得する事は困難きわまりない。
そんな目から鱗の感動体験なんてそうそうできるもんじゃない。
それにそんな徳の高いお人なんてそうそうお目にかかれないから。

なら、だから本を読め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »