« 思考の整理学 外山滋比古(1986)より | トップページ | 杞人憂天 李下瓜田 »

2008年11月29日 (土)

「人間到る処青山あり」【漢詩】

「人間到る処青山あり」【漢詩】

人の世のなか、どこにでも、骨を埋めるにふさわしい『青い山』があるのだから の意。
出典は江戸時代の僧、月性(げっしょう 1817年~1858年)が若いときに書いた漢詩。

「上屋抽梯(二階に上げて梯(はしご)を外す)」【兵法三十六計】

「貧すれば鈍す」【俗諺】

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」

人間界の五十年は、天界の時間でいえば一瞬の夢幻にすぎない の意。
織田信長が好んでうたった。

「大切なものは、目に見えない」【Le Petit Prince (星の王子さま)】

内藤濯訳。

NHK カンゴロンゴ より

|

« 思考の整理学 外山滋比古(1986)より | トップページ | 杞人憂天 李下瓜田 »

「いいことばぼくにちょうだい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195124/25763739

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間到る処青山あり」【漢詩】:

« 思考の整理学 外山滋比古(1986)より | トップページ | 杞人憂天 李下瓜田 »