« 潜水服は蝶の夢を見る(2007年 フランス・アメリカ) | トップページ | チノ祝!百寿 »

2008年12月24日 (水)

ノーカントリ−(2007年)

ノーカントリー(原題: No Country for Old Men)
アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞の4部門受賞

問題は金はどこに消えたのか?だ。
_______________________
以下はウィキペディアより

主人公モスは妻のカーラ・ジーンに電話し、
母親も一緒にエル・パソのモーテルで待ち合わせる。
保安官ベル(トミーリージョーンズ)もエル・パソに向かうが、
モーテルに到着したころにはモスは殺され金は消えていた。
_______________________

自宅から追跡し、カーラの母から行き先を聞き出した
背広のメキシコ人。彼らは組織の人間で、
彼らがモスを殺したのだろう。
保安官ベルが夜に、殺害現場に再度向かった時、
シガーは部屋の中に潜んでいた。
なんだかはっきりしないが、
金はやはり組織が持ち去ったのだろう。

それでもシガーはモスとの約束(理不尽で一方的な約束)
を果たすため妻カーラを殺しに行く。
金もない、モスも死んだ。それでもだ。

金と薬のために繰り返される犯罪。
メキシコもアメリカも同じだ。
(敬語を使わなくなったとか、人間の良心を云々する前に、
まず銃を根絶させろ。ばかやろう。)

いや、問題は金はどこに消えたのか?ではないのだ。

|

« 潜水服は蝶の夢を見る(2007年 フランス・アメリカ) | トップページ | チノ祝!百寿 »

「Cineモン -映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195124/26440581

この記事へのトラックバック一覧です: ノーカントリ−(2007年):

« 潜水服は蝶の夢を見る(2007年 フランス・アメリカ) | トップページ | チノ祝!百寿 »