« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の21件の記事

2008年12月24日 (水)

ノーカントリ−(2007年)

ノーカントリー(原題: No Country for Old Men)
アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞の4部門受賞

問題は金はどこに消えたのか?だ。
_______________________
以下はウィキペディアより

主人公モスは妻のカーラ・ジーンに電話し、
母親も一緒にエル・パソのモーテルで待ち合わせる。
保安官ベル(トミーリージョーンズ)もエル・パソに向かうが、
モーテルに到着したころにはモスは殺され金は消えていた。
_______________________

自宅から追跡し、カーラの母から行き先を聞き出した
背広のメキシコ人。彼らは組織の人間で、
彼らがモスを殺したのだろう。
保安官ベルが夜に、殺害現場に再度向かった時、
シガーは部屋の中に潜んでいた。
なんだかはっきりしないが、
金はやはり組織が持ち去ったのだろう。

それでもシガーはモスとの約束(理不尽で一方的な約束)
を果たすため妻カーラを殺しに行く。
金もない、モスも死んだ。それでもだ。

金と薬のために繰り返される犯罪。
メキシコもアメリカも同じだ。
(敬語を使わなくなったとか、人間の良心を云々する前に、
まず銃を根絶させろ。ばかやろう。)

いや、問題は金はどこに消えたのか?ではないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

潜水服は蝶の夢を見る(2007年 フランス・アメリカ)

http://chou-no-yume.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Going Going Gone

先日スタッドレスタイヤに取り替えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨鍋をいただく

K文で鴨鍋を御馳走になる。
AOIとNTさんとKKとお邪魔する。
琵琶湖で育てているマガモを仕入れてもらい
ロース、ササミ、ツミレ、
S竹で仕入れた庄内麩など腹一杯に。
アイガモはアヒルとマガモのかけあわせで、
今まで食べた事のある鴨肉はたぶんアイガモだったんだろう。
IIさんに道元の典座教訓について教えてもらう。
立松和平が泉鏡花文学賞受賞を受賞した
『道元禅師』上下刊を読み終えた日、
道元の死を悲しむあまり店を休みにしたかったIIさん。
好奇心が猫を殺すって言うけど、
この人はそれ系の人だ。向学心は疲れを知らない。
好きこそ…ってゆうけど、好きが人を本物にする。

道元の生涯を描いた映画「禅 ZEN」が来年早々公開予定みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

アル・クーパー

Al Kooper & friends - Something going on

Al Kooper-Jolie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The ZOMBIES - 'Time Of The Season' - 1968

The ZOMBIES のTime Of The Season - 1968

この曲のヒットにもアルおじさんが関わっていたんですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数分間 世界一周

Google Mapのストリートビュー
これはすごい。操作に慣れれば数分間で世界一周。
ちゃんと道行く人の顔はぼかしてます。

あと、テレビの世界ふれあい街歩き
で今まで行った町を復習するのも楽しい。

NHKオンデマンド
で見逃した番組も観られるんですねえ。
便利な時代です。無料ならもっとええねんけど。

ストリートビューで実家の近くも見れた。

来春から2年間MZKが行くナミビア。
なんにもない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアチェック

土曜の朝はエアチェック
録音はせんけどね。

NHK FM

7:15~9:00
ピーター・バラカン
ウィークエンドサンシャイン

9:00〜10:57
ゴンチチ
世界の快適音楽セレクション

火曜日23:00~24:00
ワールドミュージックタイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢日記:巨大地下水路ツアー

温泉街の巨大地下水路を巡るツアー
ガイドは異相エゴラッピンのメンバー
たまにストリートでやってるんですよ、半期に一度は繁華街…
地下水路を大勢の参加者は走って移動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

夢日記:空想都市シンガポール

架空のシンガポール
夜霧に覆われた石畳と白亜の都市国家を歩く
きれいに護岸工事された川沿いの道を行く
街灯に照らされ行き交う人々
この国で過ごす人生も悪くないかもしれない
ガイドブックの地図にある首都タイスキ(スキタイ?)
巨大な図書館は有機的な形をして
真っ赤な一人がけソファがひしめき合っている


| | コメント (0) | トラックバック (0)

One day at a time - John Lennon

One Day
一番好きなジョンレノンの曲。
美しすぎる「Mind Games」('73年)収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目には目を法

ひき逃げ→引きづり 事件が相次いでいる
飲酒運転への厳罰化が原因だ。

市中引き回し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ソーシャルデザイン

ソーシャルデザイン 07.11.30 松田創氏講演内容より

ビジネスは環境にしかない
ロハス層(グリーンコンシューマー)、オーガニック市場 4割(日本)
―生きるか死ぬか― 経済的・企業存続 / 人類の存亡
いいものをつくる CSRは売れるにつながる
オーガニック食品 400%の伸び
環境とは、自分以外の全て、経験する思想 自己はぺらぺらな存在
輸送コスト トレサビリティー 高岡も海外に勝てる バージン資源
比較することが大事 プリウス、積水
世界の消費・マーケティング動向…機能―デザイン(コスト)―広告コマーシャル―エコ・環境
日本の製造業は3分の1に落ちている。
事業を横に拡散させる必要あり。
デベ:戸建て…年間5000棟
LMSA EMSA

GDP 日本第2位 軍事も総生産に含まれる 贅沢 第1位!つまり輸入依存高い
本質的な豊かさ 出口鬼三郎 仕組み 弥勒の世
日本 根本的に社会が不健全
みなかたくまがさ アマテラス教 太陽崇拝
日本人の生活水準インドの50倍
ブラックダイヤモンド 少年兵
大豆97%が海外

ことだま学 言霊学 コンテクスト ハイコンテクスト オックスフォード大
http://www.google.co.jp/search?q=%E8%A8%80%E9%9C%8A%E5%AD%A6&hl=ja
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E9%9C%8A%E5%AD%A6
日本優れていろ 共通認識 スピリチャル 五母音 高度な言語体系
サステナブルを超える感性を!

世界は変えられる
地域力、人間力が問われる
問題 ループ思考 システム
仕組みを作る 社会の構造 エスタブリッシュが決定 金が軸の資本主義社会
精神性がないのに欲望が肥大している 世界の社会問題の原因

変える方法
セバンスズキ Severn Cullis Suzuki →YouTube
CiTiバンクの崩壊 主婦がカードをカットするCM 
コンプライアンス 法的 カンパニーガバナンス
企業×、行政×、ひとりに可能性 グリーンコンシューマー
バックキャスティング(逆算) ビジョンとロードマップ 10年、20年後
ルシュファー理論 モラル×、人権尊重×、仕組みづくり
パタゴニア イヴォン・シュタイナー「民が変われば世界は変わる」
エコバック、マイ箸
参考:書籍『環境問題のウソがなぜまかり通るか?』
末吉竹二郎 安岡先生(京都議定書)
ユネップ F1 金融イニシアティブ
中沢新一氏の思想
全く新しい価値観・指針が求められている。→事業モデルを開発
例)いのりの空間 植樹…森作りの神

環境破壊 業
王子製紙→タスマニア 民→協同組合×
天丼屋 マングローブ伐採 養殖棚
エコロジカルフットプリント
郵貯→イラク戦争の資金源に 知らぬ間に 軍事
サステナブル 京都 環境税
ウラン燃料あと60年しか持たない 原子力に頼る愚かさ
レアメタル リサイクル
10年以上前の冷蔵庫は即廃棄すべき!
リサイクル業者 ヤクザとつながっている 金を出す
麻生元大臣(麻生セメント) アミタはグッド!

取り組み事例
愛知万博
和歌山県 くまの古道 中沢新一
大川 協同組合 既得権益 ダンピング
トレサビリティー 外材 都市文化 
津島
エポジカ樹脂
佐渡 トキ米 築地から有機米仕入れてた
環境を軸にした、観光資源造成
日田(ひた) 天領地 外様大名 スタバ無い

温暖化
体積上がらない 北極解けても水位はあがらない
しかし、グリーンランド大陸棚が雪崩たら…
日本は67%が森林 世界第4位 →クーラー効果 つまり日本がだめになったら世界は終わり
IPCC 世界の知識 予測
氷河期 決壊 水源不足  70年代の800% 
環境難民 ボートピープル 日本へ
スーパーのレジ袋 白熱灯6時間分
白熱球>蛍光灯の6倍

エコアタック 夜鳴き
デング熱 台湾
中国黄砂 オーストラリア 2週間で皮膚がんに
ハウスシック VOC ホルムアルデヒド
PCB 母乳から
VC 酸化防止剤 冷え性
生物濃縮 DNA破壊
魚沼産こしひかりが二等米に
ミヅナラの中の病害虫が-20℃以上で冬を越してしまう→立ち枯れ

CO2
世界第4位の排出量!
20 川崎市
COP CO2s
経団連 悪 内閣府の仕事 明治維新に関わった6代目と一緒に

ポイントオブノーリターン 温暖化が人間の力では止められない地点
+1.5℃ 2016年
+2.0℃ 2028年 …危険 
大気放出 海はCO2の3分の1を吸収

ポジティブフィードバック(問題が雪だるま式に連鎖する)
1.シベリア凍土融解→メタンガス発生、2.熱を反射する氷が溶け、吸収する水に など…
メタンハイドレード(アラスカ) 温室効果×20倍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

何のために

何のためにやっているのか。
何のために生きてるのか。
何ためにこの町にいるのか。

俺じゃない。俺が始めたんじゃない。
俺の仕事じゃない。

じゃあ俺の仕事はなんなんだ。
何を始めるんだ。誰なんだ。
何の人なんだ。

そういうことは後からついてくる。
金輪際四の五の言うんじゃあねえ。
実は自分の本分には気づいている。
いい歳やもん。できることできないこと。

わくわくしてなんぼやろ。
それがやるべきこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

板の上ジャズライブ

つづき…
そのあと大急ぎで、未だかつて何もいい事のなかったまち、
あのまちには近づくな、あんたが少しでも何かいい事をしたいなら、
あんたにできることはただ一つ、
それはバスに飛び乗ってこの町から逃げ出す事だ、
俺は95才をこのまちで迎えるのか、そんなことなら、
いっそのことコートを引っ掴み、今すぐ
ボートに飛び乗ってこの町から出て行くんだ、
とまで歌われたまち(ウソ)…高岡へ。

市民会館で板の上ジャズライブを聴きに行くためだ。
古川初穂ピアノトリオ
ベース須藤満、ドラムはあの超人 則竹裕之。

●METHODでの古川初穂ライブ映像

●須藤満ベースソロ

●Synchronized DNA での則竹裕之

どちらも元Tスクエアー。フュージョンは駄彩けど、
今回みたいな最小限のアンプラグド排電版に
フュージョン野郎どもは最強の効力を発揮する。
市民会館のステージの上に
200席の客席を組んだ「板の上ライブ」。

高岡へのサービスということでやった、
「オバQ音頭」は元歌知らんけど、
かっこよさに体が震えて涙が出そうになった。

古川初穂は中学の時、校内放送で流れた
ビートルズ「抱きしめたい」に衝撃を受けて
ミュージシャンを志したそうな。信頼できます。
スティービーワンダー「Lately」もナイスカバー。
ベース須藤満のセンスも光ります。
高岡で生まれたピアノトリオ。出口で迷わずCD購入。
古城公園からの帰り道、
初雪が積もる冬の高岡のまちがキラキラして見えた夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12の旅〜イギリス美術

つづき…

そのあと、県美に「12の旅〜イギリス美術」とか何とかを見に行く。
大好きなホックニーと懐かしいデビットナッシュがお目当てや。

081206_152901

ターナーいいねえ。ターナー。こういうのが分かる?年頃になったゆうことかな。ボイル家族も間近で観るとすごい迫力。これも懐かしい?ヘンリームーア。きたない着色のブロンズ作品。観てたら昔に構想した頭部のオブジェ創りたくなってきた。アンソニーグリーンは今の時代、何の衒いもなくフラットに観れる。つまり一歩間違えたらっ…て感じやけど楽しい(或いは哀しい)からええやん。チラシにも使われてるアンディーゴールズワージーは言わずとしれたインスタレーションやけど、写真がひどい。これもしか写るんですかいっ?!一部展示してた落ち葉作品もアクリルぼろなってるし。

081206_1529l

ついでにチラシデザイン悪すぎ。こんなおもろい展示の多様な面白さが全く伝わらない地味さ加減。これはあれです。わざとです。関係者がわざと県民に見せんと、こんなおもろい企画は独り占めしようとしたんです。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりまち富山

081206_102501

昨日はKKととなりまち富山市に遊びに行った。まずは駅北の運河沿いにできたというスタバに朝飯がてら。霙なのか初雪なのかが吹雪く生憎の天気だったけど、ここはいい。外国同然。

081206_sutaba

そのあと、市民プラザの富山県Dザイン展を見に。naftありました。鉄ボウルとNTさんの奨励賞、鉄のキャンドルホルダー。Tリングスタイルさんといろいろ話しをした。結局自分も安くて良いものを求めている。価格で感動を与えられない日本人の手仕事は何で感動を与えられるか…云々カンヌン。
そのすきに、KKは「どうしよか」と迷ってたネコ柄のブランケットをするっとご購入。

081206_134101

そのあと、大和に1時間半制限で買い物に。Gランドプラザでは氷じゃないスケートリンクを設置していた。アイスホッケーのガキどものデモンストレーション。いいねえ。デートコースの常套句プラネタリウムとスケート場が無い町は滅び行くのみ!と何度となく訴え続けてきたが、今だ高岡では実現せずだぜ。
KKにベルトを買ってもらう。
厚めの細いベルトで、穴がなく金属のバックルに通す事で留める。
この方式は何やらフランスでパテントを取ってるらしく、
その企業といわゆるコラボしたとかなんとか、店のあんちゃん。

そのあと、Tリングスタイルで偶然会ったASさんに、
教えてもらい、今グループ展をしているという
花水木通りの店ROOM ON EARTHに。
いい感じです。1階はパン屋さん、2階ではおおがにっくな日常品。
KKに硝子作家TKさんの硝子リングを半ば強制的に押し買い?した。
観賞用にイソギンチャクみたいなリング欲しかったけどそれはNG出た…。

そのあと2時ごろに、少し遅い昼食にすぐ近くのパスタ&パン屋cibo。
そこが最高やった。はまぐりときのこのボンゴレビアンコと、パルマハムのピザ。
ウマい!ピザ分厚くてさいこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

奨励されて…

富山県Dザイン展で、NTっちがデザインした
キャンドルスタンドが奨励賞を受賞!
おめでとう!グランプリにはHSさんの作品が!
すごい。今日KKと見に行こ。

しかしaoiデザインプロジェクトは奨励されまくりやな。
こんだけ奨励されとるんやから、○○せなあかんな。

で、奨励されたら何すりゃええんやろ。
奨励って「がんばれよ」とか、もっと言えば
「かなりえええとこまで来とるんやから、もっとがんばれよ、
そしたらもっとええ感じになると思うで。分からんけど。」
といったニュアンスやろ。

ということで頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべき恥ずべきおっさんたち

昨日は知的財産についてのセミナーがあった。
大学時代(12〜3年前!!)に「意匠法規」
という授業で講義を聴いた先生だ。
その当時は、授業の名前からは
全く内容が分からんだなあ。久々にお会いした。
廊下でTKさんの肩越しにチラ見してたので、
半分しか分からんだけど、
相変わらず実際の判例を交えたおもろい講義だった。
長かったけど。ずっと立ってたら腰いたなった。

高岡ホテルで懇談会→KCで2次会。
高岡の伝統産業界の重鎮たち。なんやけど…

カラオケ流れてへんのに、アカペラで、
でたらめアンチェインドメロディー歌い出すおっさん。
マッチ箱を楽器にして踊りながら打ち鳴らすおっさん。
その技術を東京の発明協会から来たおにいちゃん
に必死で伝授するおっさん。あーはずかし…。

久々に酔っぱらった。どうでもええわ
という感じになったらおもろくなってきた。
愛すべき恥ずべきおっさんたちに大笑いした夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

Janet Klein -- Baby O' Mine

Janet Klein -- Baby O' Mine

いつかライブハウスでみたいもんです。
なぜこの時代(1920〜40年代)のラグ・タイムやオールド・ジャズ)にはスタンダードな響きがあるんやろ。

Janet Klein -- Ginza Can Can Girl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートとクラフト

NHK ETV特集「新しい文化“フィギュア”の出現」より
岡田斗司夫との対談にて
村上隆とフィギュア作家ボーメについて 山田五郎いわく…

アートとクラフト、美術と工芸は本来ほぼ同じものだった。 近代以前、ルネサンス期の画家、ボッティチェリラファエロダ・ヴィンチたちと、 宝石職人(彫金師)ベンベヌト・チェリーニは対等だった。

「アートの方がクラフトより偉い」となったのは19世紀以降。博物館の成立の影響が大きい。
それまでは金持ちのパトロンの個人的要求に答えてきた芸術家や工芸家だったが、
フランス革命などの市民革命以降、芸術の独占はいかんということで、一般に公開するため常設の博物館ができた。
器、システムができることで条件も必要となる。
個人の趣向や時代の流行を超えた、普遍的な価値基準が生まれた。

その結果、
歴史画、宗教画などはアートで、
風俗画などはクラフトと解釈された。
また、一点ものはアートだし、大量生産の浮世絵、版画などはクラフトとされた。

その後1950年代以降、
ポップアートのリキテンスタインやウォーホールの出現で、区別はぐちゃぐちゃになった。

やってる人たちにとっての区別は、あくまで個人の性格による。
アート側に行く人と、俺はいいよ、という人。
アートをやっていくには大変めんどくさい。
発表していかなければならない。テキストでロジックに説明しないといけない。
クリエイティブの世界ではアートとクラフトの境界がなくなっているが外の世界が区別を要求する。
いまだに、どっちなのと聞いてくる。

クラフトよりアートのほうが高度なものという考えは、
消費社会の中で消費される商品よりも、
必要とされないもの(非生活必需品)こそ豊かだという意識から来ている。無駄は豊かだ。
生活に近い(所帯染みた)(低俗な)ものより嗜好的(浮世離れした)(“高俗”な)もののほうが価値が高いという感覚は自然だ。
その自然な当たり前の感覚を転覆することにファインアートとしての意義があった。
歴史的な文脈でものの価値は変わる。
でも、不変的に人間にいいものはよくて、そうでもないものはそうでもないはず。山田五郎のいう「個人の性格による」っていうのはとってもよくわかる。時代の要請に乗っかって行くか、もっと大きな美学、真理に基づいて行くか。

そんなことより、この対談。クラフトを人間の営みの用を足すために、
さらに合理化したプロダクトという言葉は出てこなかったが、
クラフトはそういう意味では、今の時代当然アートに近い。
海洋堂も大量生産プラモデルのカウンターとして、
少量生産の「ガレージキッド」で表舞台に出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »