« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の28件の記事

2009年2月28日 (土)

ボブ・ウェルチ エボニーアイズ 1978

Bob Welch with Stevie Nicks - Ebony Eyes 1978

フリートウッド・マックのボブ・ウェルチが
この曲に影響を受けた事は間違いないでしょう。

はじめ人間ギャートルズ 1974

主題歌
OP『はじめ人間ギャートルズ』(作詞:園山俊二、作曲:かまやつひろし、唄:ザ・ギャートルズ)
ED『やつらの足音のバラード』(作詞:園山俊二、作曲:かまやつひろし、唄:ちのはじめ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛の百貨店だ

久々にWiiフィットをした。
ヨガ、筋トレ、フラフープ、ジョギング、ボクシング
を1時間あまり。
翌日ふくらはぎに筋肉痛が、
と思ったら翌々日は全身のあらゆる部位に痛みが。
筋肉痛マニアのKKはうらやむばかり。
さあさらに追い打ちをかけ
自分を痛めつけるのだーー!
もうすぐ春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

Stevie Wonder - Love's In Need Of Love Today 1976

Love's In Need Of Love Today - Stevie Wonder - CAPO 3rd FRET

Chords: Em7: 020000
Bbdim: x12020 Fm7: 131111
G6: 3x2003 Gm6: 3x233x
G9sus: 3x321X Fm6: 1X0111
Fmaj7: x33210 Dm/C: X3x231
Gsus4: 3x0013 Dm7: XX0211

C Bbdim
Good morn or evening friends
Dm7 G6 G
Here's your friendly announ-cer
Dm7 G6 G Fmaj7 Em7 Dm G9sus
I have serious news to pass on to every -bo - dy

C Bbdim
What I'm about to say
Dm7 G6 G
Could mean the world's disa ---ster
Dm7 G6 G Fmaj7 Em7
Could change your joy and laughter to teeeeeeeears

Dm G9sus
and paaaaaaaain

It's that
C Am Em7
Love's in need of love today
Dm Dm/C
Don't de -lay
Am Gsus4 G
Send yours in right away
C Am
Hate's goin' round
Em7
Breaking many hearts
Dm Dm/C
Stop it please
Am Gsus9
Before it's gone too far

Break:
C , Gm6, Bbdim x 2 , Dm x 2 , Fm7, Fm6

C , Gm6, Bbdim x 2 , Dm x 2 , Fm7 ,Fm6

C, Gsus4,G
End of Break

C Bbdim
The force of evil plans

Dm7 G6 G
To make you its posses-sion


Dm7 G6 G
And it will if we let it
Fmaj7 Em7 Dm G9sus
Destroy ev- er- - y- ---- bo----dy


C Bbdim
We all must taaaaake
Dm7 G6 G
Precautionary mea-sures
Dm7 G6 G
If love and peace you trea-sure
Fmaj7 Em7 Dm G9sus
Then you'll hear me when I saaaaaaay

Oh that
Love's in need of love today
Don't delay,
Send yours in right away
Hate's goin' round,
Breaking many hearts,
Stop it please,
Before it's gone too far,

People you know that
Love's in need of love today,
Don't delay,
Send yours in right away,
You know that hate's,
Hate's goin' round, goin' round
Breaking many hearts,
Stop, stop it please
Before it's gone too far,

It's up to you cause
Love's in need of love today,
Don't delay,
Send yours in right away,
You know that hate's, hate's
Hate's goin' round,
Breaking - hate's tried to break my heart many times, breaking hearts
Don't, you've got to stop it please, stop it please
Before, before, before it’s gone too far

Hate's, hate's, hate's goin' round
Bring it down a little, love is very peaceful
So bring it down a little
Well, please stop it
Uh L-O-V-E love Oh,
Love's in need of love today
Don't delay

Right away
Just give the world LOVE.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明け方

夢で2人の男をころした
手のひらに収まるぐらいの
楕円形のしっかりした
菓子缶の角の部分で殴打
一人の両手を上げた背中
もう一人にも殴打
この上ないそうかいかん
自分の叫び声で目覚める

悪夢
夢の中の殺人
闇夜に現れる感情という化け物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

GUTAI

四六時中も自分自身でいることは辛すぎる。
時には酒でもかっくらってヨッパラってへえこいて寝よかと。
しかし、酒がそんなに飲めない自分のような人間にとって、
ホウレンソウ等々の説教を垂れて3時間25分経過するおっさんを目の前に、
人生に無駄なことなんてない
世の中で起こる全ての現象は自分自身のためにあって
というか人生それすなわち修行で
などという慰めベースのそんなことないっすよとか
ペーソスあふれる微笑みとかも限界点にたっし
かれこれ抽象的な話しも4時間43分を経過するとさすがにへきへきしながら
飲めないながらもかっくらう熱燗。
この眼前の厳然たる現実(おっさん)はますます真実みをおび
ほろ酔い加減でどころかがんがん頭が痛なるばかり。
所詮、人生は暇つぶしキリングタイム。
脳内逃避行も閉ざされた34の我もおっさんたる自分自身は
自分の頭の中の消しゴム(じぶけし)で目の前のおっさんをデリートするしかない。

もっと具体的な話しを。

今日職場に電話があった。
コンペの結果が出て、後になって分かってさ
すんません黙ってまして
いやいやよかったよ
あれは銅じゃないとダメだったの
銀メッキしたんですけど最後にクリアを
いい作品だったよただ仕上げがなあ
そうですよね
いやでもあれはいいよいいですよ
いやよかったから連絡しようと思ってそれだけ

うれしかった。これは今日飲みの間も再三うそぶいてた
いやあほめられて伸びる質ですからははは、か?
おだてられたからか?いやいや。
具体的な話しがしたいそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

朗報、そして残念なお知らせ?

昨日はダム練後、
久々カネガスで1時過ぎまでだべってたので、
今日は眠かった。
テーマはセミ。終止セミ軸で話しは進み。
ITは笑い泣き。顔痛なった。
AIとの共同執筆は…。老後のライフワークとするか。

今日は、YYさんが久々に工房に創作に。
なんだか以前の傍若無人なノリが…。
何かうれしいような。なんだかなあ。

AKさんも創作に。
こないだのわしの球より石やろ、に珍しく感心してた。
とーぜんでしょ。

夜、AIからの電話。5日間でKGを10個て、
自分をPKと思えと。
そして残念なお知らせ?
NLがコンペで入選でした。
落選じゃなくて?入賞しなかったからと。
そうやそうや。また作りましょう。

朗報。わが町高岡市出身の滝田ようじろう監督の
「おくりびと」がアカデミー賞受賞。
またKKと見に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

スペースメン3 スペクトラム スピリチュアライズド

Spiritualized
の「Let It Come Down」 (2001)も100円で買った。
真白な女の子の顔が、凸凹どっち?みたいな特別仕様のCDケース。

スピリチュアライズドといえばジェイソン・ピアース
といえばスペースメン3でいっしょにやってたソニックブームといえばスペクトラム。

Spacemen 3 Interview - Sonic Boom and Jason Pierce

高校の時、スペースメン3最後の
3、3、3、3のアルバム「RECURRING」はよく聞いた。
クラスメイトでテクノマニアのサエブは、
テクノグループのアルバムと思って買ってた。

これは特に寝る前によくきいた。
SPACEMEN 3 "BIG CITY" CLIP

やつらはエレクトリックヴェルヴェッツ。
Spacemen 3 - I Love You

Spacemen 3 - Hypnotized

当時、彼ら(ソニック?)は、雑誌のインタビューで、
「俺たちは、音楽を作るためにドラッグをやるために音楽を作るためにドラッグをやる」
とかゆうてた。

ハユサティスファイミーッ!
Spectrum - How You Satisfy Me

これはレカリング以前やな。
Spacemen 3 - "Revolution"

ここからはスピリチュアライズド。
まさかジェイソン・ピアースのほうが
ここまで成功するとは当時は思わなかった。
Soul On Fire

しかしこいつら金持っとんな。
あいかわらず、ぼやーーーんとしてるけど。

Do it all over again

1997年『宇宙遊泳』が傑作かいな。下の2曲以外ほとんど聴いてません。
その年、僕たちも社会人になったし、いつまでもぼやんとしてられませんでした。

Ladies and Gentlemen We are Floating in Space

come together

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティーヴライヒ 18人の音楽家のための音楽

次は、出たスティーヴライヒ100円。
前にNHKでもやっていた18人の。

"Music for 18 Musicians"-Section II

これCDの音飛びではありませんって絶対言いますね。
"Music for 18 Musicians" -Pulse

"Music for 18 Musicians" -Section IV

あとは懐かしいコーネリアスの96/69、
アレステッドデベロップメントのベスト、
スヌープドギードッグのベスト、
エディーリーダーのAngels&Electricity 1998
全部100円。もうCDは売れない。時代の変化を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコット・ウォーカー

Scott Walker Film 2008

Walker Brothers - The sun ain't gonna shine anymore 1965

30th Century Man (trailer)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pola X (1999)

続いては、Pola X (1999)のサントラ。
『Pola X』はハーマン・メルヴィルの小説『ピエール』をレオス・カラックスが『ポンヌフの恋人』から8年ぶりに作った映画。
あー懐かしい。あー暗い!
というかポンヌフの恋人は、また観たいねー。狂気やねー。

このサントラは全編Scott Walkerが手がけている。
CDに劇中のこれ!(The Church Of The Apostles)も10曲目に入ってる。

Pola X (1999)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパークス キモノマイハウス 1974

ノーチェで昼飯食べた後、
野村の海進堂に大放出100円CDを買いに。
ITから大分前に聞いていたが、なかなか行けずに。
ほとんど売れてしまったらしいが。
残り物には…やはり福はないわけで。
でもやや掘り出しものもあった。まあ100円にしてはね。
で8枚購入で、はっぴゃくえんなり。

本日ベストの引きは
スパークスの「キモノマイハウス」(1974 一応名盤)
下が一曲目です。

Sparks This Town Ain't Big Enough 1975

僕の生まれた年。
100円の価値は…あろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャコ・パストリアス

Weather Report- Teen Town 1977

Weather Report - Birdland 1978

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Herbie Hancock - Chameleon 1974

今日はKKとノーチェで昼飯。
と思ったら、大盛況で、一時間待ち。
時間つぶしにツタヤへ。
レンタルCDコーナーで懐かしい
ヘッドハンターズのジャケットが!
学生時分随分聴いたが、CDを紛失してから
すっかりご無沙汰だった。
久しぶりに聴いてやろうとレンタル。
早速車内で。はいきたきたきたー。

Herbie Hancock - Chameleon

かっこよくてかわいい(かわかっこいいのか)。
ライブで見ると…忙しい人達ですねえ。

Herbie Hancock - Chameleon (1974 Live)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

Jesse Harris

今度、ジェシーハリスが富山に来る。
ということで特集。バンドで来ていらんわ。
だいぶ前のCDのバンドサウンドはなんかコマーシャルでがっかりやったで。

Feel(Video)

弾き語りのほうがええわ。

THE MUSIC OF JESSE HARRIS

Long Way From Home

こんな楽団やったら大歓迎やわ。

Open Your Eyes (Live)

同上。
気づいたけど今度の来日メンバー
Jesse Harris: Vo, Guitar, Banjo
Robert Di Pietro: Percussion(4/4~4/15出演)
Robert Jost: Bass, French horn, Ukulele(4/4~4/15出演)
ということなので期待大。ドラムっていらんときはいらんよね。

Jesse Harris Exclusive

まだ続くで。

続きを読む "Jesse Harris"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  →日本→高岡

今日はHHの感性展NY出展のためANさんとKHさんにプレートを取りに。
出展資料を作るのになんやかやで結構時間がかかった。

昨日は、DSSNKのハッピのデザインをSJさんから依頼され、
AMさんと2人で3点ずつ、明日までにってまた無茶な。

マークジェイコブスか自分か…
とまでは到底行かんだが、
ミラノかニューヨークに着ていっても恥ずかしくないぐらには…
というコンセプトで。どーだか。

アンビエンテで新潟のHK年物語ブースは全員和装で極めていた。
ちょっと臭いけど悪くはなかった。

今日はnaftHP開設予定日だったが、
今だONさんからメールがないということは先送りかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

あこがれられたい THE STONE ROSES

Stone Roses - I Wanna Be Adoredあこがれられたい

Stone Roses - Waterfall - live on OSM

Stone Roses - Made Of Stone live
みっともなさがかっこいいね。ばかやろうって。

The Stone Roses in North London (Part I)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

ROOTS ルーツ

今日、テレビ「日本史サスペンス」で、
ほんとの水戸光圀みたいなのをやっとった。
黄門さまは、若い頃、兄を差し置いて家督を継いだことで、
あえてウツケを演じ、遊びまくっとったらしい。
で、現在の黄門像は幕末に水戸徳川家が家督競争戦略のため
でっち上げたフィクションらしい。

知らんけど、あんなイヤな奴おらんでと思っていた。
「このかたをどなたと心得るっ!!」と、家紋をひけらかし、
はっはっはっはっは!…。最低やん。

しかしあんなテレビが長寿番組で今もやっとる。
疑いもなく。あれが胸をすく痛快時代劇なのか。
われわれ庶民は、今だお上におもねりたいのだ。
徳川家、皇族…。
こびへつらう事は時に快感となる。
「家畜人ヤプー」とかはそんな内容なのかな。

あこがれられたいではなく、
あこがれたい、というファン心理はその一種だ。

家柄、血筋、血統。
血というものへの無条件な信仰もある。
被差別部落出身という出自を
明らかにした猿回しの芸人さん。
血液型本が売れまくった。
人間は4種類には分けられん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老い

一説には、
寿命は生涯に打った
心臓の鼓動の数に比例するとか
小さな生物は鼓動が早い

ということはやはり
ハラハラドキドキせず
カームに生きた方が長生きすると

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

2月ぶりのダム練

今日は久々にダム練した。青井は仕事でお休み。
それは酷いもんで、
史上最高にぐだぐだな演奏の連続。
ただ、MZKサヨナラ会用に練習した、
血の轍に合わせて歌った
Hメロウのデタラメアフリカンソングに
涙を流しながら笑った。

年末にウイングでやった時のクリスマスソングも
笑い泣きしながら演奏した。
サビが、「サンタクロ〜〜〜ス 赤と白〜 つけ髭 赤ら顔」
という最強にどうでもいい歌。

10時にはとっとと練習を終わり、
ISGとイT、TR、Hメロウと昨今の不況を憂えたりだべった。
年末削除してしまった、という録音データが残ってたという事で、
CDに焼いてもらう。

来週も月曜練習。TR平太in夕塾終わりで。
初iPODで録音のお試しとくらあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

負け戦 と 必勝の法則

クリアなんて吹くんじゃない!!
分かってたはずなのに安易に…。
学生のころは、色止めにラッカーとか使うなんてもってのほか。
工芸家としては御法度。

搬入前日は、金工の仕事じゃない。
青井と何の作業やねんという作業。ヤクザなシゴトの醍醐味。
2人で負け戦。

商品ならまだしも、今回はコンペに出展しようというのに、
ベストな状態で提示するベキやった。
腕のみならず、頭も錆び付いてきた。
青井のおかげでせっかくここまできたのに悪い事した…。

今回は残念やったけど、いやんならず。
リベンジに、反省を踏まえた方法で再度制作してなんぼやろ。

銅板加工、ハンダ(NYさん)、
仕上げ・ヘアライン(OKさん)、銀メッキ(KTさん)まで

これでもかと手堅く段取り良く、やるべき事をやる。
振り返らずに、前向きに、それが必勝の法則。
いつかは雨が降る(花は咲く)。
降るまで乞い続ければ、咲くまで祈り続ければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F人画報

鉄のボウルが、F人画報に取り上げられることになったそうだ。
昨日、早速青井は編集部に送った。
掲載されるレコメンドのページは、
いろんなカテゴリーでお奨め商品を紹介して行く。
なななんと一商品1アイテム!!
これはやばい、こんなアップに
耐えられるクオリティーなのか?
あれは、以前も書いたが、
15センチの至近距離での鑑賞に
5秒以上耐えられるシロモンではない。
あと、奇麗な球になっとるんか…しんぱい。
でもまあままよ。

今日は、バレンタイン。鋳物をした。
工房はみんなのおかげでチョコだらけに。
鋳物場をちょっとづつ整理して行こう。
捨て魔と化し、心を鬼にして、鬼の形相で
今年度中に、あらゆるモノを捨てさくるのじゃ!!
さすらば、何かが見えてくるじゃろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

Stevie Wonder 〜超人〜 SUPERHUMAN

お前ら子供番組で何してくれとーねんのやつ。
Superstition live on Sesame Street

オリジナルより美しいボコーダ版。
Stevie Wonder on The Talk Box

Carpenters
(They Long To Be) Close To You
Words & Music: Burt Bacharach & Hal David

Why do birds suddenly appear Every time you are near?
Just like me, they long to be Close to you.

Why do stars fall down from the sky Every time you walk by?
Just like me, they long to be Close to you.

On the day that you were born The angels got together
And decided to create a dream come true
So they sprinkled moon dust in your hair of gold
And starlight in your eyes of blue.

That is why all the girls in town Follow you all around.
Just like me, they long to be Close to you.

こいつは超人SUPERHUMAN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

about リネン

持続的な思考=理念 形成のため
垂れ流しの日々の利己的WEB備忘録

|

2009年2月11日 (水)

Manu Chao   MANO NEGRA

MANU CHAO (マヌー・チャオ)の「Radio Bemba Sound System」は名ライブアルバムです。
DVDも買うべきだな。と思ったらアマゾンになかった。

Manu Chao - Clandestino (live at Later...)

Manu Chao - Welcome to Tijuana

Manu Chao - Minha galera

Manu Chao - La rumba de Barcelona

Manu ChaoはMANO NEGRAとうバンドをやっていた。
高校の時「フランスの変な名前の、マノネグラ?魔のねぐら?」は結構、
雑誌でもよく取り上げられていて、
ミクスチャー、ワールドミュージックでは良く知られたバンドだった。
もっと聴いとけばよかった。

MANO NEGRA -"Mala Vida"

MANO NEGRA - Soledad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jane child - don't wanna fall in love(1989)

ちょうど20年前!!中3の当時、MTVで初めて見たときは、
ニューヨークとかには恐ろしいおねーちゃんがいるもんだなあ、
(実はカナダのトロント出身らしいが)
世紀末だなあ、と思ったもんだ。
80年代の終わりのヒットチャートを飾るにふさわしい曲。
人工的な消費音楽に、今聴くと切なくなる。儚いなあ。

Jane Child
jane child - don't wanna fall in love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

They Might Be Giants - Why Does the Sun Really Shine?(The Sun Is A Mass Of Incandescent Gas) (1993)

太陽のしくみを歌った1959年の科学教育ソングをカバーしたTMBG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

サーモマグ愛憎

2009年6月より サーモマグ thermo mugに、こぼれないフタ発売!!
先日ギフトショーで知った衝撃ニュース。 サーモマグのブースにはプロトタイプも展示してあった。 フタだけ別売りしろよな。ちゅうか、早よ出せよ早よ!

2000年より販売された サーモマグ thermomug 。
昨年の夏に購入したがほとんど使ってなかった。
一番よくあるタンブラーだ。
というのも、暑い夏の日、バンド練習行くのに、
勝ったばかりのタンブラーを使ってやろうと、
烏龍茶をたっぷり入れて、(ストックホルムで70%オフで買った!)
お気に入りのBOOKBINDER'S DESIGNのカバンに入れて、持ってったわけ。
もちろん、完全密封じゃないのは分かってたので、
倒れんようにカバンの内ポケットに立てて。
ところがどうだろう!スタジオについて気づいた。
びしょびしょ、もろこぼれなわけ。

for the people on the go

これサーモマグのキャッチフレーズ。
うそつき!2度と使うかぼけい!2度と!

と逆切れしてお蔵入りしてたのを、冬になって職場で使ってたわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わるぎ(悪気)なき犯罪

円天市場て…。

わるぎ(悪気)が無いのは厄介だ。
罪に無自覚なのは、これは質(たち)が悪い。

朝、テレビのニュースで「円天」のおっさんが
自宅近くの居酒屋で報道陣を迎えて話しとった。

「一番の被害者は私ですよ」。

悪の定義って?
近年よく耳にする、
猟奇的な殺人犯を精神鑑定するって。
狂ったもん勝ち?

恥を知らないとは?
シェイムオンユウ。
テイクオンミイ。

日本は恥の文化とかなんとか。
儒教思想。韓国もそうらしいが、
いつしか形骸化して、
敬語をはじめ、息苦しいスタイルのようなイメージしかなかったが。
元々は論語、孔子の考えなわけで。

キリスト教もそうかもしれない。
海の向からでは、キリスト教スタイルの形式的なとこしか見えてこんけど。
シェーカー、アーミッシュなどを例に挙げたらあれやけど、
知識として、イェスさんの考えを知ってもいいかもしらん。

正月帰った三ノ宮そごうの前で、街宣車が、
「イエスさまは、みなの罪を背負い十字架で死に、
 その三日後に生き返った。
 イエスを信じれば永遠の命を授かるであろう。」
…何を信じろというのか。
宗教にもアカウンタビリティー(説明責任)があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »