« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の27件の記事

2009年3月30日 (月)

Anger Management(2004)

邦題「NY式ハッピーセラピー

主人公のデイブ役のアダム・サンドラーは
飛行機の中でスチュワーデスの腕に触れただけで暴行罪で逮捕され
ジャック・ニコルソン演じるセラピストの
無茶苦茶な「怒り抑制セラピー」を受ける。

怒らない優柔不断な草食系デイブに
変わって欲しい愛する彼女の企てで…。

Who are you?
I don't want you to tell us what you do.
Not your hobbies.Tell us who you are.
You're describing your personality.
I want to know who you are.

There are two kinds of angry people: explosive and implosive.
Explosive is the kinds of individual that you see screaming at the cashier for not taking their coupons.
Implosive is the cashier who remains quiet, day after day,
and finally shoots everyone in the store.
You're the cashier.

No. I'm the guy hiding in the frozen food section dialin' nine-one-one.
I swear.

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

東京行商2日目 5

次に目黒通りの路線に乗り換えて、と思ったが系統がわかんねえ。
黒1なのか黒2なのか手持ちのマップではバス路線上
最重要分岐ポイントとおぼしき「清水」の地名が載っていない!
どれぐらいの距離なんだ。まあこうなったら乗ってみるしかない。
えいやと乗り込んだ。
いやだから知ってるぞ。東京は前払い。みなまでいうな。
パスモは残金100円だが端数の十円と千円札を入れて。
…ビー!いやいやちゃんと入れたよ。僕わるくないよ。
それぐらい理解せーよぼけ機械が!ぼけ料金読み取り機械が!
「たびたびもうしわけありません」って3回もパスモかざさせられ。
しかし今はそんな場合じゃない。
車窓の景色に目を凝らし耳を研ぎ澄ますのだ。
清水っ?ここかっ?いや!次の目黒郵便局のほうが距離的に近いはずっ。
したらホテルCKをずーーーっと過ぎた辺りで停まりやがりやんの。
またとぼとぼゴロゴロと。

ロビーからお洒落感がみなぎっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行商2日目 4

続いてはホテルCKへ。
リノベホテルで話題でしかも仕事的にもかすっていたのだが
行ったことがなかった。ここはバスを乗り継ぐしかない。
はいはい。知ってるぞ。東京は前払いね。
しかも今回はパスモもあるぜスイスイだ。
まずは中目黒駅方面に下って。
路線図を目を凝らしてよーく見るが、わかんね。
中目黒駅に着いた、さあどおする。
と地図をよく見たら大鳥神社交差点まで行くんや。
と、今降りたバスにすかさず乗り込むって
「今降りたとこなんですけど」「はいはい」。
…カッコわるっ。でっかい荷物転がして地図片手に。
しかし世間体なんて気にしちゃあいらんねぇ。
こちとら江戸っ子じゃあねぇんだからしょうがねぇ。
いやね。やっこさんすぐに居なくなるかと思ったら、
なかなかうちから出ていかねえでやんの。
あっしが厠行って出て来ても、ずうっと居間に居座ってやがる。
まてよ、こりゃあいよいよおかしいなぁと思って
よくよく考えてみたわけ。いやぁね。
やっこさん、うちのかみさんでやんの。

……しぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行商2日目 3

「考えられんわ。」思わず口をついてでた。
紙生地の軽い香合。漆器の偽作という作品。
竹をリアルに模してみせた香合。
超絶技巧のマトリョー風イースターエッグ。
雨空を飛ぶ錆絵の蝙蝠は黒地に黒。
もしやと思いベルツ展の話しをすると、
当然ご存知どころか江戸、明治期の工芸に詳しいこと。
現代の若者の作品とは思えない世界観にも絶句。
確かに変態だ。例の漆塗りシルクハットはデザイナーは別だが。
アートたりえる漆工芸を標榜しているそうだ。
近代以降の漆器への評価は世界的にはまだまだ低いと。
VAでも四人だけだそうだ。
この人は現代人の出来うる限界に
挑戦することで技術の継承以上のレベルを目指している
伝統工芸の進化論者だ。というか変態だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行商2日目 2

ここでも予定遅らしてもらった上に遅れて、
しかも前日間違え電話したにも関わらず、
至極丁寧にアドバイスいただいた。
あとは定刻アポじゃない目黒方面。
ヒルサイドからKTTは以外と近いので
歩いて閑静な住宅街の坂道を目黒川方向に下る。
その途中偶然CLXに遭遇。
思いがけずリサラーソン展が見られた。
売り込みもかけようかと思ったが時間がない。
なんせ昼飯も食べてないので腹ペコだが仕方がない。
行くしかない。目黒川ぞいは桜もちらほら下町の風情が。
平日の昼2時過ぎだがなにやらにぎやかです。
ショップの横の格好良い和菓子店では露店で何か焼いてる。
ここがKTTか。なるほどいいかんじ。
Kさんに案内していただいたが、発見につぐ発見。
お見それしやした。実はこの方、聞いたらおなじ神戸出身。
東灘だそう。びっくりです。ちなみに年も同いで二度びっくり。

奈良の筆作りの老舗あかしや。
八尾のスーパーレジェーラにインスパイアされた超軽量チェア。
組み木細工を染めた敷き板。沖縄の繊細な陶器。
京都の鍛金職人の匙や箸置き。
フレスコの和洋を超越した美しさの皿。
ワイングラスシリーズ。さすがNSさんのお眼鏡に
かなっただけある(あの月夜のカップはなかったが)。
白基調の漆喰風店内に什器は全て鉄赤錆。
KTTのコンセプトは古今東西を繋ぐ、だそうだ。
日本に憧れをもち浮世絵の模写も重ねていた
ウ゛ィンセントウ゛ァンゴッホ。
その中にKTTの美しい模写があったそうな。
洋の東西、時代をも超越して
日本のローカルから発信できるいいもの。

となりの別館ではチンキンの教室をやっていた。
明日はKMさんが来られるらしい。
商品担当の方はなんと富山出身。
単なる偶然だが今回どうなってるんでしょう。
数年前のミラノサローネで富山の展示も見て
ドアチューブなど覚えているそう。
ギフトショーの高岡ブースも見たそうだ。
チンキン指導されてたわじまの若手作家さんは
自称変態的な作品を解説してくださった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行商2日目

朝オゾンが10時半からなので、都美術館のアーツ&クラフツを見た。
六本木から日比谷線で行くつもりが間違えて大江戸線に。
乗ったら今度は乗り過ごし、次の入谷で逆もどり。
タイムロスして美術館に9時半ごろ着いた。
早歩きで15分ぐらいで見た。
ちょっと勿体無かったが、マッキントッシュの真鍮の箱。
縦格子の椅子、金属の籠花器、
モダンデコの切り子ワイングラス、黒田辰秋彫刻椅子。

それから上野御徒町駅から大江戸線で新宿西口駅まで。
エルタワー前のオゾン行き送迎バス乗り場へ。
見慣れてるはずが、地下鉄出口違えば全く分かりません。
エルタワーどれや。ドーンと書いとけよ。
オゾンNFでは大変勉強になる話を聞けた。
他には何も見ず、脇目もふれず。
今回は終始こんなかんじで、
目的のショップにピンポイントで行っては速攻移動。

山手線で新宿から渋谷、東急東横線乗り換え。
運悪く特急行ったら各駅暫く来ない。
でその四番ホームで待ってたもんだから一番ホームから各駅でてしまう。
またしても乗り過ごしタイムロス。
やっとのことで代官山に。そこからヒルサイドテラスが分からん。
前に来たけど。そしてHDは何棟(調べとけよ)?
出力した周辺地図もリモアトローリーの奥深く。
掲示板で確認。G棟向かい側ね。
切羽詰まった田舎もんは強引に車道を横断。
今回は行商なので見せ商品詰めたトローリーをゴロゴロ。
担ぐより何百倍楽だがやはり大変だ。

| | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

ホフディラン

ニューピース(花王「ふんわりニュービーズ」CMソング)

スキンアクアのCMでも、
ワタナベイビーとかせきさいだぁ≡で歌&ナレーションをやっている。

2007年の再結成後2人してご機嫌にやってるようだ。
ワタナベイビーの才能は隠せない。
この人が第一線で活躍してると嬉しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

2年前

一昨日3月19日(木)夜は
aoiとMZKとNTさんとNSさんの店で。

チーズとワインとおいしい料理
燕子花の陶器
寄贈された鉄のボウル(小)はカウンターで
スポット光がくっきりと影を落として面白い。

日本人の理工系の先生が半年間はいるらしい。
2年なんてあっと言う間。
2年後
2年前の3月19日…と思い出す時は36。
いい区切りだ。

人生を謳歌されているNTさん
あこがれをもって

午前2時過ぎにaoiの家に。
ナミビアから送られた画像をPCで見せてもらう。
引き払ったアパートでの「佇む黒い奴」画像や
TRとの立山登山画像も一緒に。

南アフリカの空港に降り立った瞬間
キリンの群れ
われわれはMZKを通して空想のナミブ砂漠を観る。

|

2009年3月20日 (金)

Carole King - Home Again (1971)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

美術館100倍楽しく見る方法

最終日KKとベルツ展へ。
一室を見終わったところでMFさんと会う。
その後は贅沢にもギャラリートーク付きで鑑賞。

用を超越したデコラ印籠。
黒字に黒で落雷に逃げ惑う人を描く。
江戸時代の雷もこんなデザインだった。
象牙の籠の中には小さなヒヨコまで。

焼き物の行商の親子像はしゃがんで鑑賞。
親父の歯が見える。
花瓶柄の瓶。一色ごとに焼いている。

竹籠を銅板で編んだ人権無視の金工品。
どや感無き奥ゆかしき表現にさらに謎は深まる。
愛知県で約10年間だけ作られていたという
瀬戸物に七宝を施したハイブリッド工芸。
お馴染み明治期銅器の花器は、鷹、松、桃、
天地の秩序(混沌?)を表現。

現世では制作不可能な象嵌花器は、月9の唐沢寿明。
ペストが蔓延した東京で、正義感に燃える若きベルツは、
感染も恐れず一人奮闘。当時の東京市から贈呈される。

第二室では、
スタッキングするとお屋敷になるピクニックセット。
全面に卵殻が施されている。総卵殻地。
鼈甲に蒔絵のハイブリッド工芸。
これは表現として成立している。
網代に漆を塗り重ね蒔絵。
斜めから見ると薄らと編み目が見える。

売りに出された着物の裏地を取り、
袖も狭くした江戸解き。
海外ではガウンのような部屋着として使われていた。
水墨画の掛け軸は一筆書きの巨木に、
細密な蝙蝠が二匹。お座敷の余興に描かれた、
席画と呼ばれるアクションペインティング。

絡繰り小箱はネズミが出ていないと
鍵でフタが開かない。
金魚の背景に卵殻の罅が藻の柄のような漆器箱。
超絶総螺鈿の鏡台。瀬戸物に蒔絵の壷。
MF曰くの毛唐好みの蒔絵やっちゃえばいーじゃん
と言ったかは不明だが、カレースパもハイブリッド。
別々に食べた方がいいものもある。

医師としてその最期も看取ったという
画鬼河鍋暁斎。得意だと言うカラスの水墨画。
推奨の夫婦喧嘩の図。圧倒的。地獄。悲惨。
犬も食わぬのオチつき。
演劇興行の宣伝用戯画。
世界旅行に出かけた若き日本人セレブカップル。
アメリカ大陸を鉄道で横断中、機関車は脱線。
土人カキーシブに襲われる二人。
生臭坊主の絵巻は18禁の内容に、
一番ソフトなページを開いて展示。

最後は妻ハナコとのツーショットのポートレイト。
普通は帰国時に現地妻だった日本人に手切れ金を渡して
帰国する外国人が多かったそうだが、
ベルツはドイツに連れ帰り生涯ハナコを愛した。
ドイツでは偏見から奇異の目で差別されたそうだが、
ベルツの死後3年間ハナコはドイツで独り暮らした。
壮絶な時代の壮絶な人生。

おまけは、和装のご婦人に付きまとう骸骨3匹。
1匹はシルクハット。どっちがお化け?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

KKKK一周年

昨日はKKとKKして一周年。
結婚一周年は「紙婚式」というらしい。
ISMからの祝いメールで知った。
なんともアイロニックな呼び名ではないか。
紙切れ一枚で繋がってるって。
2周年は藁婚式、綿婚式て…。

人間どうしの繋がりは以外と儚い。
それぞれの蝋燭に火を灯すように。
それを消えないように手をかざすような
消えたらチャッカマンで点火するような。
依存はもちろん自立よりも相互依存は、
人間にとって高度な状態なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

MZKゴーズ・トゥー・ナミブ

昨晩はMZKのお別れ会。
彼の地ナミビアに旅経つ。MZKのウクレレソロ、
ダムやノラやハープをディレイさせるYG?くん。
砺波市役所裏タベタリーテ。
MZKとちゃんと話しできんだが、まあまた合おう。

MZKに言えんだが、言いたかったことは、
やっぱりMZKはみんなのあこがれなわけで。
希望の星なわけで。この年でゆうたらなんやけど。
仕事を捨て、ワイルドサイドを行こおっちゅうサノバガン。

青年協力隊?今まで身につけた仕事のスキルを活かして。
MZKの天職やな。やつほど「協力隊」にふさわしい人間は知らん。
世のため、人のため?きれいごとが許される男。
あんな真っ直ぐなジェントルな人間そうそうおらんでと。
いつもとつとつとした語り口に
おまえは高倉健かって、突っ込みたくなったわ。

♪あの男に世間体なんて関係ない
あの男の人生は好きな事をやるだけ
ハッピーな歌うたって調子はどーぉだい
ハッピーな歌うたって気分はどーぉだい♪

あの男の例の歌が聞こえる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

部屋いっぱいの向日葵

KKとビルの一室に案内される。
真っ白な内装の部屋の中には
巨大な向日葵が。

その大きさが半端じゃない。
全長10メートルはあろうか
窮屈そうに部屋中を斜めに伸びている。
何枚も生い重なる葉は一枚2メートルはある。

こちらも直径2メートルはあろうかという
花の部分はすでに沢山の種をつけたのか
重みに耐えかねたのか、頭を垂れている。
部屋いっぱいの見上げる一本の向日葵。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

白カラス

客船の中の共有スペース
ウッド調のベンチが左右に3列
中央には100インチほどの大スクリーンが
これから宿泊客が集まり上映会

最後尾の真ん中通路横にKRさんが
あ、どうも久しぶりです、みたいな表情で
横に座る。

間もなく映像が流れ出す
画面いっぱいのカラスの群れ
何かをついばんだり、羽ばたいたり。
しかし、カラスたちは真っ白だ。
モノクロ映像のネガポジが逆に。

しばらくして、映像の白カラスたちは、
もう目の前に。足にカラスの薄汚い羽根が当たる。
せっせと追い払おうとするわたし。
バタバタバタ…。

布団をはたきながら目が覚める。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

P.S. I'll knock you

追伸 どついたろか

P.S. I'll knock you.m4a」を試聴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My Shirts is back

●My Shirts is back を試聴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御神酒徳利

ぽっどきゃすてぃんぐ落語より
三遊亭きん歌

宿屋のうっかり者の番頭善六が大晦日の大掃除(すす払い)に
銀の御神酒徳利(とっくり)を水瓶の底にしまった事を忘れてしまう。
主人は無くなったものと大騒ぎ。
しばらくたって思い出した善六は言うに言い出せず、
女房の入知恵ででっち上げた「ソロバン占い」で徳利の在り処を言い当てる。
霊力のある番頭に祭り上げられた善六は、宿屋のお得意様である
大富豪の娘の病の原因を言い当てるため大阪へ旅に出るはめに。

落語は一人の役者がストーリーをダイジェスト版で見せてくれる究極の演劇だ。
時には時間も空間もすっ飛ばす。日本的なミニマルな芸能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壺算(つぼざん)

ぽっどきゃすてぃんぐ落語より
柳家さん弥(さんや)。

玄さんの悪知恵で瀬戸物屋は二荷入り(桶4杯分)の壺(水瓶)を
2円(一荷入りの値段)で買いたたかれる。

しかし、瀬戸物屋の気持ちはよく分かる。
「1分100秒で数えてた」って吾妻光良じゃないけど、
めっぽう金勘定、数字に弱い僕も「壷算」的瞬間、よくあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紺屋高尾(こうやたかお)

ぽっどきゃすてぃんぐ落語より

紺屋町の(藍染め)職人の久蔵は、
3年間貯金して女郎高尾を買い、
その後夫婦になるという人情話。
女役はきつかったが立川笑志がうまい。
男尊女卑的発言が再三出てくるのだが、
江戸時代のおおらかさをを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

Take It Easy

イーグルスのTake It Easy
実はジャクソンブラウンの曲に
グレンフライが2番以降の歌詞をつけたそうだ。

Well, I'm running down the road Tryin' to loosen my load
そう、俺は苦しみから逃れようとこの道を飛ばしている
I've got seven women on my mind,
思い浮かぶ七人の女たち
Four that wanna own me,
四人は俺に結婚を迫り
Two that wanna stone me,
二人は俺に石をぶつける
One says she's a friend of mine
一人はただの友達だって言う

Take it easy, take it easy
気楽に行こうぜ
Don't let the sound of your own wheels Drive you crazy
タイヤの音に腹を立てるなんて、おかしいだろ
Lighten up while you still can Don't even try to understand
元気を出そうぜ。こむずかしく考えるなって
Just find a place to make your stand And take it easy
自分の立場なんか気にしないで、気楽に行くことさ

カントリー?ウエストコースト?
もはやアメリカの民謡と化したこの曲。
じめじめした日本人の僕にはみじんも響かない、
今も昔も歌詞見ても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキリージーベイブ

TVでストレスによる腰痛の心理療法として、
認知行動療法が紹介されてた。
要はネガティブ思考の癖を変え、
ポジティブな認知→行動にするということ。

僕はいつ誰から会得した処世術か知らんが、
幼い頃から、
「つねに最悪の事態を想定しておく」
という体質がある。
備えあらば…のリスクマネージメント
ならいいのだが、
本当に最悪の状況を想定する。

ハルマゲドンで(なんやねんそれ)
地球は崩壊(だからなんやねん)する。
核爆弾で地球は滅びる。
小3の時、映画「はだしのゲン」
を体育館で観さされて以来、
それはさらに確信に変わり。
小学校卒業ぐらいまで、
片時もそのことを忘れたことはなかった。

手塚治虫ファンクラブに入っていた僕は、
確か「ザ・クレーター」というSF短編集に
入ってた話しを読んで、
自分以外の世界は全て作り上げられた虚像で、
家族も、友達も、先生も仕込まれた役者で…
つまり、ジムキャリー「トゥルーマン・ショー」(1998)
の世界だと数ヶ月間思っていた。

もともと、起きてる間の90%は空想という、
ぼんやり少年だったので、
荒唐無稽な危機的状況を妄想して楽しんでいたのだろう。

そういえば、台風が来たらわくわくしていた。
現実に起こる危機的状況も楽しめたら大したモンだ。
なんとかなるさのテキリージーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰に爆弾かかえた男

昨日たけしの本当は怖い家庭の医学で腰痛のを観た。
腰痛は、ストレスによる脳の誤作動の可能性が大きいそうだ。

数年前、セメントを捏ねるフネに入った
鋳物の砂を運ぼうとしたとき、
軽いグッキリ腰になったのを機に、
これではイカン!

老化による筋力の衰えだ。腰痛にならない腰をつくるのだ!と、
せっせとプールに通った。
暇があったらプールに通い、約1時間半、腰を鍛える。
週に2〜3回。これを数ヶ月。

するとどうだ。良くなるどころか、腰痛は悪化の一途をたどる。
痛みから老人のように前かがみに歩き。
しまいには、職場でも、つたえ歩きせなあかんぐらいになった。

最悪や。これでわしの人生も終わりかーっ!
と、しかたなくTK町接骨院へ。
電気治療とか指圧をしてもらい、
先生曰く「水泳が原因ですね。」
ええーーーーーっ!!
「水泳による過度な負担です。」
ええーーーーーーーーっ!!!

腰痛予防のためにあんなに通ってたのに…。
僕はもともと水泳は得意ではなく。
小学校3年の時など、
水泳テスト10級「伏し浮き」で脱落。
ただ、うつ伏せで水面に10秒間浮かんでることができなかった。

そんな僕なので、長距離は25メートルごとに止まって、
平泳ぎの一点ばり。しかも一かきごとに息継ぎをする。
これが良くない。過度な負担になったらしい…。

そこで、プール通いはやめた。
そしたら1週間も経たないうちにすっかり腰痛は治ったわけで。
腰痛にストレスも影響していたのか…。
そんなことは今となっては分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

おくりびと(2008)

昨日イオンの映画館に「おくりびと」を見に行った。
先日、米アカデミー賞 外国語映画賞を受賞し、
滝田洋二郎監督がここ高岡市の福岡町出身ということで、
連日、超満員らしいということで、
ウィークデーの10:30なら少しはすいているだろうと向かった。

ところがどっこい。15分前についたロビーは長蛇の列!!
99%オジンオバン。年末サティーのワーナーが無くなってから、
高岡に事実上映画館はここだけ。それも当然影響してる。

400人収容の最大のスクリーン目当てに並ぶ並ぶ。
その394番目ぐらい(後で分かった)にKKと僕は並んだ。
当然、残った席は最前列。最前列でも折角並んだし、ええかと。
開演間近、ダッシュで駆け込む。

しかし。こんな前に席作ったらあかんわ…!巨大なスクリーンを
ななめ15度ぐらいの角度で下から見上げる格好だ。
後ろを振り返ると

オバン オバン オバン オバン オジン オバン オジン オバン
オバン オバン オジン オバン オバン オバン オバン オバン
×25

映画「おくりびと」はテレビ的な映画劇だった。
リアリズムを追求した映画ではない。
ああ日本映画の、広末涼子の演技の…
そんなやつおるかい。そんなことあるかい。の連続。
しかし、398人のオバンたちは、大爆笑&感嘆&涙。
はははははは。あぁーー。リアクションが逐一凄いのだ。

滝田監督の他の作品は見た事がないが、これが正解なんだろう。
死後2週間の独居老人の現場での嘔吐シーンも
嘔吐物は写らない。というか、無い。
しかし、舞台劇ならどうだろう。当たり前にそんなモノはないし、
あっても血のりとか小道具的なものだ。

要は、落語を例にあげるまでもなく、
観衆に伝えたい事を伝えられたら御の字で、
伝えるための必要条件な最低限のイリュージョンがあればよく、
フィクションなのは当たり前で、
それをエンターテイメントとして最良な形で伝える。
はなから重箱の隅をつつく
神経質で無粋な観衆など相手にしていないのだ。

というのを踏まえて4カ所で泣いた。
最近プライマルスクリームを受けた人のように、
かっくじつに涙腺緩んでます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

沢田研二

KKがジュリーにはまっている。
前からファンだったが、
こないだ懐メロの番組を見てまた火がついたようで。
YouTubeで強制的に鑑賞させられた。
するとどうでしょう…ロックしてる。
ロックのグルーブとはこういうものでしょう。

ストリッパー

カサブランカダンディ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

5W 【70年代のスティービー普及委員会】

I'm Wondering Why Mr. Wonder Was so Wonderful
〜70年代のスティービー普及委員会推奨〜

「Songs In the Key of Life (Disc2)」1976

●Ngiculela - Es Una Historia - I am Singing

●If It's Magic

●Another Star

「Songs In the Key of Life (Disc1)」1976

●Love's In Need Of Love Today

●Have A Talk With God

●I Wish


●Pastime Paradise

●Ebony Eyes


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5W 【70年代のスティービー普及委員会】part2

I'm Wondering Why Mr. Wonder Was so Wonderful
〜70年代のスティービー普及委員会推奨〜

「Fulfillingness' First Finale 」1974

●Heaven Is 10 Zillion Light Years Away

●Boogie On Reggae Woman

●You Haven't Done Nothin'

●They Won't Go When I Go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5W 【70年代のスティービー普及委員会】part3

I'm Wondering Why Mr. Wonder Was so Wonderful
〜70年代のスティービー普及委員会推奨〜

「Innervisions」1973

●Golden Lady

●Don't You Worry 'bout A Thing

「Talking Book」1972

●Maybe Your Baby

「Songs in the Key of Life」1976

●Isn't She Lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »