« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の15件の記事

2009年4月29日 (水)

釈尊 2500年に一人の逸材

昨日出席したお通夜でのお坊さんの説法。

釈迦は2500年前に生まれ
35才で覚りを開き
その後、仏として生き、
80才でその人としての生涯を閉じた。

釈迦はいずれ消える自らの肉体を見ず、
教えを見続けなさいと説いた。

釈迦もそうであったように、
命には始まりと終わり、生と死が必ずある。
それが真実。

駐車場に1、2、3、5と番号がふってあった。
子供は「なんで?」と聞いてきたそうだ。

疑問に思わない人は無明(むみょう)だという。
暗闇で迷っていると。
つまり、死を忌み嫌い闇雲に迷信を信じる人は、
真実から目を背け、現実を受け入れられない。

仏となり死に行く人は、
真実を教えてくれる人であると。

2500年に一人の逸材。
その人の教えってどんなんだ。
ウィキペディア
聖☆おにいさん(中村光) 元ネタ集

|

2009年4月25日 (土)

はたらきバチたちの最期

ミツバチがいなくなっている。
2007年春までに北半球で1/4の蜂が消えたそうだ。
「CCD(蜂群崩壊症候群)colony collapse disorder」
と言うらしい。

驚いたのは、人間生活にミツバチがこんなにも
重要な役割を果たしていた事。
有史以来、その驚異的な働きっぷりに
目を付けられたはたらきバチたち。

人間にその本能、習性を体よく利用されてきた
はたらかされバチたち。
人類の進化とともに、爆発的に増え続ける人口に
対応するための食料生産にも、
ミツバチは重要な役割を果たしてきてくれた。

ほとんどの果樹類やキュウリなどのウリ類は、
蜂が受粉することで実をつける。
それらの作物が壊滅する恐れがあるのだ。これはいけない!
(「風のガーデン」の養蜂場を思い出す。)

原因として、ストレス説も一因として言われてるらしい。
またウイルスが、オーストラリアから輸入されるミツバチと、
中国から輸入されるロイヤル・ゼリーに混入していたことも
考えられている。

バロアダニミツバチヘギイタダニ(Varroa Mite)(なが…)
と呼ばれるダニの一種の寄生虫も原因の一つらしい。

様々な要因が考えられているが、特定はされていないようだ。

急転直下の展開の映画「宇宙戦争」の
エイリアンの突然の死滅(原因=いわゆるカゼ)を思い出し。
“逆に”ぞっとする。

参考:
http://d.hatena.ne.jp/founder/20090131/1233415202
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2278387/2100923


これまた、驚異的な蜂の嗅覚で病気を発見する研究もあるらしい。
雑誌「AXIS」に掲載されていた一昨年のRCAの卒業制作。
蜂の習性を利用したガラスの健康診断器

99%の確立で皮膚がん、肺がん、糖尿病を
嗅ぎ分けることができるらしい。
犬は嗅ぎ分けるのに6〜9ヶ月間訓練が必要だが、
蜂は数分で習得できるそうだ。

クロアチアでは臭いで地雷原を発見させる研究も
進んでいるらしい。偉大なり、ハチたち。

以下、関係ないけど…ドモアリガット。
The Bird and The Bee - "Love Letter to Japan"

|

2009年4月21日 (火)

ビートルズ全CDがリマスター 9/9世界同時発売

以下JDN NEWSより

ビートルズの全CDが22年ぶりに刷新され、
9/9に世界同時発売される。
「プリーズ・プリーズ・ミー」から
「レット・イット・ビー」までの
オリジナルアルバム13作と、
シングル集「パスト・マスターズ1&2」の全14作。
ロンドンのスタジオでエンジニアたちが4年の歳月をかけ、
音源をクリアにするデジタルリマスター作業を施し再生した。
より忠実に発売当時の音源を再現させたという。
これまでのCDは廃盤になる。
全14タイトルを収録したボックス・セットも同時発売する。
各アルバムに収録した映像をまとめた
ドキュメンタリーDVDが付属する。価格は未定。

i-Tunesストアでのダウンロードはあと10年は無いな…。
あの手この手で、CDを買わそうと。
しかし、ビートルズの音源に関しては、
これで最終手段だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月20日 (月)

Les Paul & Mary Ford

動画が観られる幸せ!
動いてるの観るとレスポール。驚異的な演奏です。
2人のTVショーがあったんですね。
旦那はいかなる時もギターを抱えみたいな?
フルバージョンじゃないのがちょっと残念。

World Is Waiting For The Sunrise

How High the Moon

Live(常にカメラ目線)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DAN HICKS & THE HOT LICKS

OH!!!
ダン・ヒックス & ザ・ホット・リックス
Japan Tour 2009

「聞かずに死ねるか!」シリーズ第七弾だそうです。
ベーシストの“ポール・スミス”も気になります。

5月30日(土) 金沢市民芸術村ミュージック工房
前売¥5000 開場18:00 / 開演19:00
問:もっきりや 076-231-0096

ニューアルバムの曲のようです!
フザケタじじいです。
Tangled Tales

I Scare Myself

Waiting for the 103 もやってほしいです。

|

2009年4月19日 (日)

前田利長

永禄5年(1562年)前田家藩祖利家の長男として
尾張国荒子城(現在の愛知県名古屋市)に生まれる。
初めは安土城で織田信長に仕える。

天正13年(1585年)秀吉により
佐々成政が支配していた越中国(富山県)が制圧されると、
同国射水郡・砺波郡・婦負郡32万石を与えられた。

慶長4年(1599)利家がなくなると、
豊臣政権を支えるために大坂にいた利長は金沢へ戻った。
豊臣家の力はおとろえ始め、
徳川家康が政治の実権を握るようになる。
家康暗殺事件の嫌疑をかけられ、
実母の芳春院(まつ)を人質として江戸の家康に差し出した。

慶長5年(1600)天下分け目の関ヶ原の戦い
(間に合わなかったといわれる)で家康の味方についた後、
西軍に与した弟の利政の領地(能登)と
加賀国の能美郡・江沼郡・石川郡松任が加領され、
加賀・越中・能登の合わせて120万石を支配する加賀藩が成立。
外様最大の大名として遇された。

慶長10年(1605)なおも消えぬ謀反の疑いを晴らすために、
弟利常と珠姫(2代将軍徳川秀忠の娘、後の天徳院)を結婚させ、
自身は新川郡22万石を養老領として富山城に隠退し、
家督を利常に譲り、難を逃れている(慶長の危機)。

慶長14年(1609)、富山城が焼失したため、
ただちに幕府に願い出て、高山右近に命じて射水郡関野に
新しい隠居城(高岡城)を築いて町を開く。

高岡の町には富山をはじめ、加越能3州から人々があつまった。
また、領内から呼び寄せた鋳物師たちに、
土地を与えて鋳物場を開設させた。
現在国の有形・無形民族文化財「高岡御車山祭」は、
利長が町衆に与えて曳かせたものが起源だといわれている。
山車は、もともと秀吉が聚楽第に、天皇などの行幸を仰いだ際、
使用した鳳輦を利家が拝領し、利長につたえられたものといわれる。

慶長19年(1614年)5月20日に高岡城で病没(梅毒と思われる)。
享年53。


参考
利長、利常プロフィール
金沢市キッズページ

|

前田利常

幼少は越中国守山城代の前田長種のもとで育てられる。

慶長3年(1598年)死の前年の父利家を、
越中に訪ねて初めて会う。
長兄・利長の養子となる。正室は徳川秀忠の娘・珠姫。
豊臣秀頼とは義兄弟にあたる。

慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで、
利長と丹羽長重との和睦の際、人質として小松城へ預けられる
(後年、この地を隠居城とした)。

慶長6年(1601)家康より外様大名初となる松平の苗字を授かる。

慶長10年(1605)男子のなかった兄利長の養子となり、
13歳で家督を相続。
加賀金沢119万5千石(実質130万石)の大名となる

桃山文化の伝承(加賀ルネサンス、百万石文化の開化)
に力を尽くし、新井白石をして「一加賀」と称賛され、
伊達政宗も「日本一の大名」と高く評価する程の手腕だった。
徳川政権下、最大の外様大名であった為、
常に幕府に警戒されていた。

Toshitsune

馬鹿殿様を装って加賀藩を安泰に導いた、ウツケを演じた名将として知られ、
わざと鼻毛を伸ばし放題にして日々登城したことは特に有名。
江戸城出仕をしばらく休んだことを、
酒井忠勝に「気ままなことで」と皮肉を言われ、「いやいや、疝気でここが痛くてかなわぬ故」と
満座の殿中で陰嚢を晒して弁解したというエピソードも伝えられる。

慶長19年(1614)利長が高岡城で死去すると、
利長の実母芳春院(まつ)は、
長かった江戸での人質生活から開放され、金沢に帰った。
代わって利常の実母寿福院が人質として江戸に行った。

慶長20年(1615)天王寺・岡山の戦い
(大坂夏の陣における最後の戦い)では、
江戸幕府に対する豊臣家の最後の抵抗を鎮圧するため、
徳川軍第2位となる3200余の敵首を挙げる大功を立てた。

元和元年(1620)幕府の一国一城令で高岡城は廃城となり、
利長の家臣団も金沢に帰ってしまうが、
利常は、異母兄の利長を尊崇する念が大きく、
様々な特権を与えて兄の開いた高岡の町の存続を図った。
高岡は商工のまち、越中西部の流通経済の要衝として栄える。

寛永16年(1639)長男・光高に家督を譲り
(加賀金沢102万5千石)、次男・利次には越中富山10万石、
三男・利治には加賀大聖寺7万石で独立させた。
しかし、光高は江戸に詰めていたため実質的に領内を治める。
治水や農政事業(十村制、改作法)などを行う。

正保2年(1645年)の光高没後、
嫡孫・前田綱紀が藩主に就任すると、後見人となって、
自ら小松に20万石を養老領として藩政を補佐する。

正保2年(1645)から利長の菩提を弔うため、
およそ20年の歳月をかけて瑞龍寺の造営を行う。

正保3年(1646)利長の33回忌にあたる年に、
武将の墓としては日本最大の利長公墓所を建立している。

嫡孫・綱紀の義父・保科正之(徳川秀忠の四男)に後事を託して、
万治元年(1659)死去。
その後、五代藩主となる綱紀の代に加賀藩は、
御三家並の待遇・格式を受けることになる。


参考
ウィキペディア
前田利常列伝

|

2009年4月16日 (木)

村上龍

新聞の村上龍の新書広告

 〜趣味と仕事について〜
 趣味にはリスクがない。
 真の達成感は仕事からしか得られない。

 〜夢と目標について〜
 漠然とした夢ではなく、
 具体的な目標を持つ事は憂鬱である。
 目標は人に語るものではない。

 どの本を読めば良いですか?
 なんて質問する時点でそいつに可能性は無い。

なるほど。
同じホモサピエンスにも個体差はある。
developed country と developing country
西洋人の優位性とか日本民族の優位性なんて、
「傾向」を取沙汰すことになんの意味も無く、不幸を招くだけだ。
ただ、自分個人に可能性があるかどうかが重要。
でしょう。Ryu's Barの村上龍さん。

| | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

悪魔のようなあいつ

1975年放送のTBSのテレビドラマ。
ウィキペディア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

ヤノマミ

昨日NHKヤノマミを見た。
ブラジルとベネズエラの国境のアマゾンの熱帯雨林からオリノコ川に住む先住民族。
1万年以上、独自の風習を守り続け“最後の石器人”と呼ばれている。
10年ほど前から保護区となりほとんど人が来なくなったそうだ。

樹液を吸ってトランス状態のシャーマンたちには、
様々な動物の精霊が憑依し、病を治す。

長老は言う
人は死に、精霊となって天に召され
バクやヒョウなどの動物に生まれ変わり
次に男はアリに生まれ変わり
女はノミに生まれ変わる

子供達はサルの頭を貪り食べる。
ほとんど裸でジャングルを駆け回る人間。
出産後、母親は胎盤をバナナの葉に包み森に吊るす。
アリに食べさせるのだ。

人間(ヤノマミ)として育てるか
精霊として天に召すかは母親が一人で決める。
14才の女の子が出産した。
彼女は産み落とした子を精霊とした。
葉に包んで木に吊るし、
白蟻に食させた後、燃やして天上に送る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

全肯定

有史以来100億の人間が生まれ
世界中人種民族 違ってあたりまえ

違うことを嘆かずに
天文学的奇跡的に伝わる人に
出会えたことをこそ祝おうではないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ジェシーハリス LIVE in 富山 

前日までFM富山でCMしていたから
チケット余ってるんだろう。
やはり3分の1は椅子席で、
会場ついた時すかすか感は否めなかった。
後半は程よい込み具合で
KKと僕は一番後ろの席で座って鑑賞。

着いた時にはオープニングアクトの
キセルが始まってた。涙が出るほどよかった。
翌日CD借りたが、イマイチだった。
ボーカルの貧弱な感じが気になって、
ライブの時のぐいぐい引き込まれる感じはなかった。

反応するのはフィッシュマンズマナーのダブみたいな曲。
フィッシュマンズの幻影から逃れられないのだ。
確信した。キセルもフィッシュマンズフォロワー。

続いて、あんたジェシーの何なのさという
まぶいすけがギターで弾き語り。
美人だし歌も上手いが何も感じなかった。
いよいよ御大ジェシーハリス。

IT WILL STAY WITH US

20曲以上やったんじゃないか。

Watching the Sky

ほとんどの曲でバンジョーを使用。

START ALL OVER

カントリー。フェルディナンドな曲。ロックよりの曲。
アンコールでボブディランの曲。

LIGHT AS A FEATHER

ティーンエイジファンクラブを思い出す。
彼らは騒音ギターにはじまりノーザンブリテンあたりから
アメリカンカントリーにも似たエバーグリーンなギターポップに?

DON'T KNOW WHY

逆にジェシーハリスはアメリカンルーツ音楽から、
アコースティックに色んな音楽を。

WHAT YOU WANTED

行き着いた交点はビートルズ的?コード進行と美しい楽曲メロディー。

FIRE ON THE OCEAN

Always Seem to Get Things Wrong

I Never Changed My Mind

Jesse Harris / Simple Sound

Open Your Eyes

This is Goodbye

Long Way From Home

How Could It Take So Long?

|

2009年4月 8日 (水)

ひねもすビジネス用語

先日ナショナルなパブリックなサーバントの方と
メールでやりとりしたのだが、メールが暴力的に丁寧。

「誠に恐縮」されたり、「何卒ご協力賜りますようお願い」

されるのは日常茶飯事らしく、
こちらの提出書類の不備を訂正してほしいというお願いなのに、
つまりはこちらの落ち度にも関わらず、

「ここもと再度のお願いをさせて頂きます。」
「ご面倒をおかけいたしましてここもと深く陳謝申し上げます。」

…逆にイヤミなのかといぶかりたくなる。
で、この「ここもと」ってなにいな?
________________________
Yahoo!辞書 - ここ‐もと【此処許/爰許】
[代]近称の指示代名詞。
1 話し手の身近な所をいう。このあたり。ここ。
・ 「波ただ―に立ち来る心地して」〈源・須磨〉
2 話し手自身の方をいう。自分の方。当方。
・ 「―にただ一言聞こえさすべきことなむ侍るを」〈源・総角〉
________________________

なるほど、「当方」って意味かよ。勉強になるわ。でも使えんね。

大人語といわれる「なるはや」なんかは非常に使い勝手がある。
あと、東京のクリエーターに「たまさか」使用頻度が高いのも謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

曾我蕭白(1730-1781)

政治思想家の姜尚中(かんさんじゅん)をキャスターに
新装開店の「日曜美術館」第一弾は
江戸時代の絵師曾我蕭白
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0405/index.html

ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/曾我蕭白

京都国立博物館 狩野博幸
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/050412/tokubetsu.html

江戸時代当時、芸術を追求した者だけが到達できる
精神領域として「狂 kyou」があった。

 画を望まば我に乞うべし、
 絵図を求めんとならば円山主水(応挙)よかるべし

と言い、写実派の円山応挙の作品は単なる写しだとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しくならないための上手な忘れ方

内田百閒は、忙しいとは人に言われる事で、
自分で言うやつはバカだという。

同じく心を亡くすと書く「忘れる」
人は自然忘却であるレム睡眠で頭を整理する
朝は黄金の時間である

忘却=思考の整理

不安なものが溜まると、頭は忙しく、
鬱(ノイローゼ)状態になる
人にとって忘却は不可欠な排泄(クリエイティブは?)

価値観の形成
何が大切で何が不要かは実践しないと分からない
「何がやりたい人だっけ?」

30年〜50年、一生を費やす「古典化」
を上手く忘れることで3年〜5年に短縮できる

〜「思考の整理学」を読んで〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »