« こいくちしょうじ | トップページ | 流浪の音楽 »

2009年5月10日 (日)

尾形光琳 1658-1716

江戸時代の画家、デザイナー、工芸家。
京都の呉服屋「雁金屋」の次男。
後世「琳派」と呼ばれる、
装飾的大画面を得意とした画派の代表的画家。
光琳の曽祖父の夫人は本阿弥光悦の姉。

家業が傾き、
父の遺産も放蕩三昧で使い果たして、
仕方なく絵師になる。

燕子花図屏風
紅白梅図屏風
八橋蒔絵螺鈿硯箱

尾形光琳 - Wikipedia
尾形光琳の世界

|

« こいくちしょうじ | トップページ | 流浪の音楽 »

偉人アーカイブス」カテゴリの記事