« サラリーマンの納税 | トップページ | 一生モノに名作なし 映画版「東京タワー」 »

2009年5月 6日 (水)

エンプティー

読売新聞 春日武彦(精神科医)による
「ストロベリーフィールズ」(小池真理子著)書評より

 登場人物の科白

「結婚生活は、個人を抑圧して自由を奪うけど、
 同時に、人生の空虚感を忘れさせてくれる…
 現実ばかりが次々押し寄せてきて、
 抽象的な問題に対する感覚を鈍麻させてくれる…」

 人生の空虚感を埋め合わせるための営み
 仕事、娯楽、家庭、スリル、背徳、秘密、自殺…

Blur-Resigned

Only you can fill my blank heart
And I'm resigned to that


|

« サラリーマンの納税 | トップページ | 一生モノに名作なし 映画版「東京タワー」 »

だから本を読め!」カテゴリの記事