カテゴリー「だから本を読め!」の7件の記事

2009年5月10日 (日)

書き言葉

読売NIEセミナー
斉藤孝の基調講演文より

認識力

書き言葉
文語体
明治の文豪たちには漢字漢文の素養
熟語の組合せ
文脈を理解するのが頭の良さ

話し言葉
広辞苑の10分の一の単語
細切れの知識
活字を読まないと
論理的な話しができず
散漫になる
読解力の低下防止は
自衛するしかない

|

2009年5月 6日 (水)

エンプティー

読売新聞 春日武彦(精神科医)による
「ストロベリーフィールズ」(小池真理子著)書評より

 登場人物の科白

「結婚生活は、個人を抑圧して自由を奪うけど、
 同時に、人生の空虚感を忘れさせてくれる…
 現実ばかりが次々押し寄せてきて、
 抽象的な問題に対する感覚を鈍麻させてくれる…」

 人生の空虚感を埋め合わせるための営み
 仕事、娯楽、家庭、スリル、背徳、秘密、自殺…

Blur-Resigned

Only you can fill my blank heart
And I'm resigned to that


|

2009年5月 4日 (月)

サラリーマンの納税

5/3 本よみうり堂『給与明細は謎だらけ』書評より

国民の3大義務である「納税」を
サラリーマンは知らないうちに完了

事前に税を取る「源泉徴収」
確定申告の代わりを会社が行う「年末調整」
概算の必要経費が一律に決まっている「給与所得控除」

確定申告が減り、会社員の経費を
チェックしなくてすむから税務署にとっても楽

正社員より派遣が増えた背景にも
派遣社員への支払いは消費税上の経費と認められ
会社の税負担軽減となることがあげられる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

村上龍

新聞の村上龍の新書広告

 〜趣味と仕事について〜
 趣味にはリスクがない。
 真の達成感は仕事からしか得られない。

 〜夢と目標について〜
 漠然とした夢ではなく、
 具体的な目標を持つ事は憂鬱である。
 目標は人に語るものではない。

 どの本を読めば良いですか?
 なんて質問する時点でそいつに可能性は無い。

なるほど。
同じホモサピエンスにも個体差はある。
developed country と developing country
西洋人の優位性とか日本民族の優位性なんて、
「傾向」を取沙汰すことになんの意味も無く、不幸を招くだけだ。
ただ、自分個人に可能性があるかどうかが重要。
でしょう。Ryu's Barの村上龍さん。

| | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

忙しくならないための上手な忘れ方

内田百閒は、忙しいとは人に言われる事で、
自分で言うやつはバカだという。

同じく心を亡くすと書く「忘れる」
人は自然忘却であるレム睡眠で頭を整理する
朝は黄金の時間である

忘却=思考の整理

不安なものが溜まると、頭は忙しく、
鬱(ノイローゼ)状態になる
人にとって忘却は不可欠な排泄(クリエイティブは?)

価値観の形成
何が大切で何が不要かは実践しないと分からない
「何がやりたい人だっけ?」

30年〜50年、一生を費やす「古典化」
を上手く忘れることで3年〜5年に短縮できる

〜「思考の整理学」を読んで〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

思考の整理学 外山滋比古(1986)より

グライダー

人間には、グライダー能力と飛行機能力がある。受動的に知識を得るのが前者、自分でものごとを発明、発見するのが後者である。(中略)
 学校はグライダー人間をつくるには適しているが、飛行機人間を育てる努力はほんのすこししかしていない。

不幸な逆説

秘技は秘す。いくら愛弟子にでもかくそうとする。…学ぼうとしているものに、惜気なく教えるのが決して賢明でないことを知っていたのである。免許皆伝は、ごく少数のかぎられた人にしかなされない。

醱酵

大きな発見が、ときに、霊感によってなしとげられるように伝えられるのも、この酵素が思いもかけないところから得られたのを第三者が驚異をもってながめるときの印象であろう。(中略)
 頭の中の醸造所で、時間をかける。あまり騒ぎ立ててはいけない。しばらく忘れるのである。“見つめるナベは煮えない”。

カクテル

アメリカの女流作家、ウィラ・キャザーが、「ひとりでは多すぎる。ひとりでは、すべてを奪ってしまう」(中略)
 着想、思考についても…「ひとつだけでは、多すぎる。ひとつでは、すべてを奪ってしまう」。
…やがて網がしぼられ、ライフワークのような収穫期をむかえることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

天地人 だから本を読め!

中学校の校長が朝礼の時必ず言ったことば。
天の時。地の利。人の和。

テレビでやっていた、
癌で亡くなったアメリカの大学教授の最後の授業。

 夢を叶えたければ人の力になる事だ。
 夢を叶えるには一人ではできないから。

論語でも「天地人」というのが基本理念らしい。
天と地の間に人間はいて、生かされている、と。

ビートルズのThe Endにもある。
結局のところ、あなたが得る愛は、
あなたが生み出した愛とイコールだ、と。
エネルギーの法則、と。

このような考えや処世術は、
人間が自然状態ではいかに欲どしい生き物かを物語ってる。
見返りを期待しない、掛け値なしの博愛なんてほぼないやろ。
だからこそ信念、理念が必要なんやろう。

ただ、それらを日常生活から会得する事は困難きわまりない。
そんな目から鱗の感動体験なんてそうそうできるもんじゃない。
それにそんな徳の高いお人なんてそうそうお目にかかれないから。

なら、だから本を読め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)